What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
kuroさん
遅いレス、大変に申し訳ありません。
こちらのコメントにはすぐにお返事差し上げたのですが、どうやらこのブログそのものが調子が悪かった様で、アップされておりませんでした。その後、アップされているものとばかり思い、バタバタと週末を過ごしている中、ほとんど確認もせずにおり、本当にすみませんでした、ごめんなさいね。

それで、本題なのですが、もうもう、私がそのkuroさんのおっしゃる所の「努力もなしに」の筆頭選手でして!「やっぱり30歳過ぎてから来たらダメなのかな」とか「子供は良いよねぇ」なんてずっと思っておりました。所が、自分が学校へ行き始めると、こんな心細くて大変な事を幼子はしていたのか!とか、子供だから早いんじゃなくて、英語の環境に身を置いているから早かったのね・・・、と思い知りました。そりゃ英語に触れる機会を出来るだけ避けていたのですから、今となっては当たり前と言えば当たり前ですよね・・・トホホ。

しかしながら、最近は本当にお陰様でほぼ(このほぼが曲者なんですけどね(笑))相手の言う事が理解できるようになりまして、昨日なんか日焼け止めを買った店のレジで「日焼け止めはね、化学物質を使っていないのはもちろん事、アルコール無添加もすっごく大事なのよー」と力説出来る程になりました。ま、相変わらず、英語はグズグズですけどね・・・アハハー。

英語、沢山触れれば話せるようになりますけれど、ちゃんとした英語を話そうと思えば、恐ろしい程の読み書きは避けて通れないなぁ、と最近つくづく思っています。その為にもグズグズでも良い!でも、ちゃんとした英語を!・・・と、二昔前のコマーシャルの如く、熱く心の中で叫んでおります。その為にも、今後も頑張ろうと思います。

kuroさん、お互いに本当に精進致しましょう。もうねぇ、このコメントを読んだ時には本当に「そうかぁ!kuroさんもそうでいらしたか!」と心の友ーーー!という感じでしたよ。ありがたい事です。
投稿者:kuro
大学という場に身をおくようになって、
それまでとは比較にならないくらい英語に触れる時間が激増しました。そして私も自分の英語力がめきめき上達しているのを感じます。子供の英語の上達は早い、というけれど、実は子供だからでなく、学校に行くから英語に触れる時間が必然的に増えるんでしょうね。自分が子供と同じく学校に行くようになってこの仕組みが理解できた気がします。「住んでいれば話せるようになる」なんてとんでもない話ですが、それでもそう信じている人が多いのには困りますね。そして、子供じゃないことをいいことに「大人は頭がかたいからもうダメね〜」と努力もせずにのたまう大人も困ったものです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ