What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
まめさん
Josef Siebelを半額で見つけた時の喜びと言ったら・・・!で、ございました。思わず二足買いました。夏用の靴もここで買いましょう!と思ったりしています。
それにしても、その日本の靴屋さん、貴重ですよねぇ。往々にして、日本にはそういう方がいらっしゃいますよねぇ。アメリカでは・・・、あんまり見ないですよねぇ。
先日、モールに入っているThe Walking Companyという靴屋さんに行ったのですが、そこって人間工学に基づいて、歩く為の靴にこだわって売っているにも関わらず、店員はな〜〜〜んも知らず存ぜぬで、娘がサイズ5をば、と言っても、店員二人が「お前が見に行け」「ええー?私が、どうして?」と仕事のおっつけ合いをする始末。渋々探しに行った方の店員も、裏への入り口の所で仁王立ちで在庫倉を眺め回して、「ないわ」ですよ。
あるのか、ないのか、でそうなのに、とてもじゃないですが、「あなたの足の特徴は」なんて話しなんかには辿り着けません。そんな事、考えもしていないのだと思います。
そういう風に足の特徴を教えてくれる靴屋さんって、本当に有り難い。これで靴を買う時に、正しい靴選びがちょっと簡単になりますよね。良かったですねぇ。
ああ、アメリカにも「求む!ちゃんとした靴知識人!」と思いますわ。
投稿者:lizzyco
めいぴーさん
そうなんですよ、お気に入りの靴が消耗した時のショックってば、本当に言葉に出来ませんよね。ああー、やっぱり?自分に合っていない靴とかヒールって、腰にも悪いんですか。私がこっんなに体に筋肉なくても腰をいわさないのは、気に入って自分の足に心地良い靴しか履かないからですかねぇ?でも、そんな自分の足に合って、デザインも気に入った靴なんてないので、何年も同じのをずーーーっと履いてしまったりします。汚い感じですわ(笑)。
私も冠婚葬祭なんかでヒールを履かねばならない時には、必ず必ずスニーカーを持って行きます。もうヒールを一日履く、なんて事は考えられません。
高級靴フェラガモ、何度か試着した事ありますけれど、私のわらじ的足には合いませんでした(爆)。あれはヨーロッパの高貴なお方の足に合う様に作られているのかしら〜、そうに違いないわー、と思っています。
投稿者:mame
足に合ったお気に入りの靴が半額だなんて!それはめっちゃ嬉しいですね。私もお嬢さんと同じ22.5cmなのでこちらで靴を探すのは大変です。今回、日本で靴を2足購入したのですがお店のおじさんのお陰で自分の足の特徴が分かりました。私、幅も狭いのですがそれに加えて足の指が長くて薄いのだそうです。そのせいでサイズの小さい靴も履けてしまうし、足が前に滑るので指に豆ができたりストッキングが1日で指の所から破けていたらしい。こんな風に色々教えてくれる靴屋さん、こひらにも無いですかねえ?
投稿者:めいぴー
ほんとうに、お気に入りの靴が消耗した時のショックは言い表わせませんよね。以前大事にしすぎて(冬用)乾燥剤を入れて仕舞って履こうと思って出したら皮があちこちヒラヒラしていて・・・それからは乾燥袋は履いた後次の日に出しています。足が4Eだと22でも入るという甲高幅広の私はいくら足にあってデザインが気に入っても2万だとNG
です。まあ、どちらもぴったりのに出合った事がないですが。
足にあってないのを履き続けると腰にも悪いんですよ。ヒールもNG。絶対履く時はもうひとつ持って行きますもの。
高級靴フェラガモ一度履いてみたいもんですわ。

http://blog.goo.ne.jp/meipi-99/
投稿者:lizzyco
ゆうぽさん
そうなんです〜、気に入っているのがお手頃価格で買えて、本当にホックホクなんですー。

この半額を見ていて思ったんですけれど、私はここの靴、この価格台だったら、どんな形でもOKかもしれない、と。一足が100ドルを超えてしまうと、「ううーん」と悩んでしまうんですけれど、半額だったら、結構「あれも良いよね、これも良いよね」という気持ちになりました。今回買ったもう一足の茶色い方は、きっと定価のまんまだったら、買っていなかったと思います。

いやだー、バカの大足だなんて、今でも日本では24〜25センチと言えば標準ですよね。アメリカでも24〜25センチの間が一番売れ行き良好で、このサイズの人はセールまで待っていると、なかなか良いのは残っていない、とよくこぼしています。私は23センチでこちらのサイズは6。娘はもっと小さくて5.5〜6なんですけれど、娘なんかは小さ過ぎて「そのサイズは置いていない」なんて事言われるのもしょっちゅうです。だから、24、5センチの人の方が、こっちではどんな靴でも可愛いのが沢山です。

私も勤め人の頃はそれが決まりだったのもあって、毎日ヒールで通いました。でも、本当に足、痛くなりましたよねぇ。でも、学生時代にそうであったなんて、ああ、なんてお洒落な方なのでしょうか。本当に凄い!私なんて、若い頃から頑張りもせず、ここに至っておりまするー。

靴だけは本当に、履いてみないと分らないですよねぇ。Josef Siebel、さすがにドイツの靴屋さんなだけあって、歩く事を考えて作られています。クッションがしっかりしていて、中がソフトですし、土踏まずのサポートもしっかりしています。デザインは好き嫌いが激しいかな、という感じがしますけれど、私は幸運にも大好き。良かったー。ステッチなんかは手縫いらしいので、本当にしっかりしていて、今手持ちの物も7年経っても健在です。

もし、日本でも見つける事ができましたら、ぜひとも試着して見て下さい。私は初めてこちらのデパートで履いてみた時、あまりの心地良さに肩の力が抜ける程でした。長く履いていても疲れませんよ。

日本にもあるといいなぁ〜〜〜。
投稿者:ゆうぽ
お気に入りがお得に買えて、ほんとに良かったですね♪浮き浮き気分がよ〜くわかります。

靴はねぇ・・・。
本当に足に合った靴を見つけるのって、難しいです。だから、前に履いてたのと同じ形のを欲しいというのが、すごくよくわかる。

私は、バカの大足で24.5〜25センチを履くのですが、私が若い頃はなかなかそのサイズでかわいくて履きやすい靴というのがありませんでしたね。

それでも、学生の時はせっせとかわいいデザインのヒール(高くても5センチまで)を履いてましたが、家に帰り着いて靴を脱ぐと指の付け根がメキメキいって、ものすごーく痛かったですね。よくがんばってたものです。(^_^;)

今では、私も、ヒールを履くのはほとんど冠婚葬祭の時だけになってます。ヒールを履くと歩けないんですもん。(^_^;)
普段はもっぱらウォーキングシューズかスニーカー、たまにローファーくらいですかね。

リジィ子さんのお気に入り Josef Siebel を探して見てみましたが、履きやすそうな靴ですね。今度デパート行った時に履いてみて、私の足にも合うようなら買ってみたいなと思います。

靴だけは、履いてみないことには買えませんものね。履いてみたって、しばらくして「ああ、やっぱりダメだったわ。」ということがあるんですもの。(^_^;)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ