What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
ブーブーブーさん
私は、真央ちゃんの事を気の毒だとは思いませんでした。自分の持てる限りの力を出した、という事で、欲しい色のメダルを取れなかったのは残念ですけれど、でも、実際に自分でもおっしゃっている通り、ダメな部分も沢山あった訳ですから、もしこれからも競技人生を続けて行くのであれば、致し方ない事だろうと思います。次にダメだった部分を踏まえて頑張って!と思うのが一番最初に来ました。もちろん、一生懸命に頑張ったのに、でも、いつも通りの力を発揮出来ず、そういう自分に悔しがっている姿はなんとも可哀想には映りましたけれど。

だって、ヨナちゃんだって同じ19歳です。負けて涙した方に同情は集まりますが、『国民の妹』とまで騒がれて真央ちゃんと同じに、いや、もしくはそれ以上の期待を背負っての登場を考えると、全く同じ土俵です。それをものともせずに舞っている姿しか私達は見ませんけれど、実に真央ちゃんと全く同じ苦悩やら、圧力を背負っていた訳です。それを克服するだけの練習量、場数を踏んでいたのが勝敗を分けた、と私は思っています。真央ちゃんもすごいです。でも、ヨナちゃんはもっと凄い、と私は思いました。

ただ、ジャンプに対する評価は低すぎるかな、とは思いましたけれど、トリプルアクセルを決めた後のジャンプはほぼ全て何らかのミスがあった様な印象があります。それで差し引き0になってしまったのかな、と。
でも、アメリカの解説者は半泣きで「素晴らしい!」を連発していましたよ。何度も何度も、「誇りに思う!」と言っていました。現行の採点方法ではあれば精一杯だったのかもしれませんよね。

スピードスケートまでをも練習に取り入れているヨナちゃん。表現力、スケーティングスピード、ジャンプの質、どれをとっても、残念ながらヨナちゃんの方が優れていましたよね。それを一番身を以て知ったのが真央ちゃんだったのじゃないかしら。だから、泣けるんだろうな、と思いました。負けるが勝ち、です。真央ちゃんの新たな目標が出来たんじゃないですかね?よくやった、と思います。
投稿者:lizzyco
まめさん
ぼんやりしていたのかしら?ちょっと出かけ間際の息子と話していたので、すっかりそちらに気を取られていた様です。この長いレスの中程、『可能性はありません』は、もちろん、『あります』です。申し訳ございません。もっとしっかりと推敲しろよ、ですね。
投稿者:lizzyco
まめさん
いやもう、本当に、最近のオリンピック放送、たまりませんよね?こんな4年に一度の祭典を、「みんな興味ないでしょ」とばかりにここまで短縮してしまう国はアメリカ以外にありえないでしょうねぇ。ひどすぎますよね。おっしゃる通り、ぶっちぶちでしたものね?

ううーん、採点方法がおかしい、とは思いませんでしたが、フィギュアの採点方法は常に変化するので、今回は何が基点になるのかがイマイチ解りませんでした。勝敗の行方は真央ちゃんの滑りを観た時点ですぐにわかりましたけれど、それでも「へぇー、こんなに開きがあるんだ?」と驚きました。疑問に思うよりも前に、「最近は特別な技術にはそんなに重きを置かないんだな」と思った様に記憶しています。
ヨナちゃんの演技には文句のつけようもありませんけれど、ただ、昔の採点方法であればここまでの開きには繋がらなかった可能性はありません。世界で初めて、トリプルアクセルを二度もプログラムに取り込み、それを成功させた事についてもう少し、ボーナス加点みたいなのがあった様な気がします。
多分、以前はそういうアクロバティックな技術に重きを置かれすぎて、本来フィギュアに必要な優雅さ、美しさが二の次になっていたのを憂慮した結果がこの採点方法になったのだと思いますが、今度はそちらに重心が傾き過ぎているのでしょうか。
これがプロの大会だとすればこれでも良いでしょうが、でも、オリンピックと冬季アスリート達の大会、という事を踏まえれば、やはり、もうちょっとアスリート達のモティベーションの上がる採点方法にしても良いかもしれない、と思いました。
ま、何をどうしたとしても、今回の結果が覆る事はなかったのでしょうが・・・。シビアにこれが力の差、どういう練習を取り込んだのかの差、なのでしょうねぇ。
投稿者:ブーブーブー
一部分しか見られなかったのですね。それは残念です。鈴木さん良かったですよ。


真央ちゃんの演技中、私はずっと涙が止まらなくなってしまい、いろいろな思いで見ていました。
19歳になるまで、小さな頃から才能があっただけにまわりが放っておかず、さまざまなところで騒がれ、今回もよくよく考えれば19歳なんだよね。これだけの日本のプレッシャー(ほんとうにすごい期待のされ方ですよ)を受けながらあれだけの演技をし、自分で課したアクセル3回をきちんとやって。
どんなに大変なことだろう。毎日毎日すべてのことよりも本人はもとより、家族も全員で真央ちゃんのスケートを最優先させてきたことだろうし、お母さんはどんな気持ちで見守っているのだろう?
しかも真央ちゃんのSPはほぼ完ぺきだったように感じました。
それでもキムヨナさんの完ぺきな演技の前に完敗して・・
気の毒でなりませんでした。

フリーはいくつかのミスがありましたので、ヨナさんに届かなかったのは仕方がないとは思いましたが、悔しそうに泣いている姿は、かわいそうでした。
まわりに何を言われても、それでもジャンプにこだわり、それを達成させたのです。大変なことです。そういうことへの評価が少し足りないように私は考えますがいかがでしょう。

ヨナさんのコーチはその精神力を付けさせるためあえてこの何年かの間、どんな緊張にも打ち勝つようにそのような場所に立たせる場面を何度も作り、緊張になれさせる訓練をしたとテレビでやっていましたよ。
それにしてもヨナさんの演技もすばらしかったですね。
本当にすべてが美しかった。色っぽかったわ〜

投稿者:まめ
最近のオリンピック中継、酷すぎますよね。なんでライブじゃないんだろう??しかもぶつ切り、ダイジェスト版、、。ただ、確かに昔はもっとちゃんとしてたと思うのですよ。(日本の選手は見にくかったけれど、それは弱いからで他国の選手でも強い人や上位の人はきちんと移していたのですよ。)それにライブでやっていた記憶もあるんだよな、、。真央ちゃんは、本当に可愛そうでした。1.2位の順位に不満はないのですが、あの採点方法はおかしいよな、、と。ヨナ選手の得点は男子並みですから、、。でも、次のソチまでにはまた採点方法が変わっていそうです。ジャンプだけではダメだけれど、踊りだけをフォーカスしすぎてもダメだと思うので、、。アスリートとして頑張れる、選手が報われるフィギュアになったら良いなって思います。

http://ameblo.jp/mame-february26/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ