What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
にゅうわちゃん、
こんな、子供と言えども他人の事を世話して明け暮れ
る人生は嫌だわぁ。自分のプロジェクトで寝られない
のならいいけど、他人のでって、どうよ?ま、その内
に「あんたの英語力じゃあ、屁の突っ張りにもならな
い」と言われるでしょうけどねぇ。
あ、その内、立場逆転で、私の大学のエッセイを子供
が書くとか?ああ、本当にそうなりそうで、怖いわ、
私。
投稿者:lizzyco
TAMAさん、
トラックバックありがとうございました。
このアメリカ合衆国、学年末の今こそ、毎日のように
ここそこで学生達はプロジェクトのデューを思って阿
鼻叫喚している事でしょう。すごいよねぇ。別にそん
な大した事ではないのだけど、日々の宿題の他に夏休
みの自由研究って感じですもんね。米国と日本と考え
て、大学へ行ってからの学力の差を考えると、思わず
納得です。実際に自分で大学で学んでみて思ったの
は、みんな本当の意味で勉強に仕方を知ってるなぁ、
という事でした。あんなユタの学力最低の大学でさえ
そうだったのだから、ここではどんなかなぁ、と怖い
気持ちさえします。とにかく、うちの子供を見ていて
も思うのですが、本当にアメリカ人はよく勉強をしま
す。やってる事は日本と大違い、そんな大した事は何
もしていないんだけど、小さい内から日々の数時間は
勉強に使う、という姿勢が養われているのですよね。
もっと教師の立場を高めてあげたくなる位に私はこち
らの教育に感謝しています。
投稿者:nyuwa-chan
お疲れ様でございます!
なんと申しましょうか・・・。人ごとながら笑えます。えっ?笑い事じゃない!って、そりゃそうでしょうね。
しかし、血液検査も異常なし、9年なんてあっという間です。
やることが色々ある方が元気でいられてよろしいのでは???

http://happy.ap.teacup.com/nyuwachan/
投稿者:TAMA
壮大だなぁ。目に浮かぶようだ…是非写真もupしてください。
しかし、ほんとうにそう!こちらの勉強の仕方は中学校くらいから大学並みみたいだよね。そしてこれこそが「勉強」というものなんだと思う。暗記のカタマリを勉強だと錯覚している日本の教師達に見せてやりたい。
システマティックに知識を頭に詰め込む方法としては日本式は素晴らしい成果をあげているんだけど、いかんせんその使い方を知らないまま、脳みその中で腐らせていっちゃうのよね。もったいない。

それにしてもリジィ子さんよくがんばりました。実はうちも昨日、一昨日とプロジェクトがデューの子どもたちがいてそれぞれ阿鼻叫喚だったのだけど、もう手を出すことはやめました。
頼むからもうちょっと早く始めてくれ…と思うのだけど。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ