What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
アムアムさん
ありがとうございます!
大ファンだなんて、もう、本当に驚きでございます(照)。
しかしながら、嬉しい。。。
アムアムさんのお察しの通りで、面目ありません。
でも、頑張ろうと思います。頑張って、書き続けますね。で、気をつけて暮らします。ありがとうございます!
投稿者:アムアム
きっとあの意見に過剰に反応して、嫌がらせしてるんですね?
卑怯な圧力に負けないでください。
私はもう日本に帰国しましたが、今でもこのブログの大ファンで毎日覗きにきています。
ただ嫌がらせする人達が周りに住んでると、気味が悪いので、気を付けてくださいね〜!
投稿者:lizzyco
bellaさん
いえいえ、何度もアクセスして頂いて、ちっとも構わないのです。私も大好きなブロガーさんの所は日に3度も4度も5度も訪ねては、うっとりさせて頂いたりしています。
ただ、私がびっくりしたのは、その人達というのは、そうやって否定的な事、悪意のある事を書いた上に、毎日複数回やって来ては隅々まで私のブログ内を徘徊している、という事です。私なら「この人の文章、嫌だな」と思った時点で訪問する事をやめますし、それがルールでありマナーだと思っていたので、その執念深さに驚いたので上記の様な表現になったのです。
私の書く物をそれなりに楽しんで頂いている方々には、何度アクセスして頂いても一向に構いません。どころか、して下さーい!とこちらからお願いしたい程です。
ですので、どうぞ、謝罪などされず、お気楽に遊びにいらして下さい。

また、温かな言葉、ありがとうございます。もう、本当に励みになります。負けないで、頑張るぞー!(笑)
投稿者:bella
ピアスの件で初コメさせていただいたbellaです。

私も最近の拍手の多さに違和感を感じたりしていましたが、まさかそんな事が起こっているなんて思わず日に何度もアクセスしていました…汗スミマセン。

私はとっても読みごたえのあるlizzycoさんのブログ、いつも楽しみにしています。

その方達はそんな事をしていい気分なんですかねぇ…??

lizzycoさんとは一回り以上違う若輩者の私ですが陰ながら応援させていただいてます。
がんばって下さい!!負けないでー!!
投稿者:lizzyco
ゆきパパさん
拍手機能ですが、エントリの右下にある白い『拍手』というボタンを押すとコメントを残せる画面が現れるのですが、ここ最近ですね、『拍手』ボタンを連打したり、変なメッセージが残されたりする様になったのは。

おっしゃる通りで、どうして裏側でそういう事をするのかな、と思います。顔が見えない、という状況は人を大胆にしますねぇ。ただ、考えは十人十色、その考えについて色々と議論するのはまだしも、書いてもいない事を勝手に勘ぐられて腹を立てられたり、ブログの持つ意味合いを否定されたり、その上で私の行動にまで口を出されたりするのには、閉口しました。でも、そういう気持ちにさせる物を書いたのは私ですからねぇ。これが、責任を取る、という事なのでしょう。なるだけ、逃げない様に頑張りたいと思います。

>>毎日朝晩と(一日に複数回アクセスしているのはお前もかっ! とツッコミが入りそうですけど)こちらをお邪魔するのを楽しみにしている一人です
アハハーと大笑いしました。もう、全然大丈夫です。いつでも、何回でも遊びにいらして下さい!それが私の書くエネルギーになりますので。
これからも宜しくお願い致します。
投稿者:lizzyco
ブーブーブーさん
ねぇ、私も今朝のカウント数には驚きました。
どうしてこんな数字になるのかしらん?
とは言え、2時間に一度のアクセスで1回とカウントされるそうですので、ご心配頂いた方々が足繁く様子を見に来て下さっているのかもしれません。
有り難いわ、と思う方向でいようと思います。

本当に。何が起こるのかがわからない世の中ですから、充分に気をつける事に致します。
いつもありがとうね。
投稿者:lizzyco
村石太ちゃんマンさん
そうっすねぇ、ううーん、とコメントを読んで考えました。私如きの文章が、そこまで人の人生を左右する事はないと思いますが、しかしながら、嫌悪感を募らせる事はあった様です。気をつけないとねー、と深く、心に思っておりますが、何せ、浅はかな私の事ですから、今しばらく時間はかかりそうです。
出来れば、人が人生を向上させる方向へ向く文章を書きたいものですね、そこを目指しますわ。
コメント、ありがとうございました。
投稿者:lizzyco
たみさん
たみさんが謝罪なさる様な事は一切ありません。
なっんにも複雑にしていないですよ、大丈夫です。
まぁ、文字数オーバーで諦めただなんて、もったいない事でした。ぜひ、読みたかったです、そのコメント。

とにかく、どの人がそうで、どの人がそうでないのか、大方の場合、ちゃんと把握しきれていますので、どうぞ、気にしないでいくらでも遊びにお越し下さい。
こちらこそ、余計な心配をさせてしまいまして、申し訳ありませんです。
投稿者:ゆきぱぱ
こんにちは。

これまで「拍手機能」のところは一度もクリックしたことはないので(すいません)、それがどういったものなのか、そこに付けることのできるコメントが、公に公開されるのかどうかもよくわかっていないのですけど、文意から察するに、これは管理人以外は読むことができないのでしょうか?

だとしたら、そこに書かれていたコメントがどういったものなのか、どれほど悪意が満ちているものなのか私にはわかりませんけれども、少なくとも管理人のlizzycoさん以外の目に触れることがないのならば、やり方が卑怯というか、汚いというか、陰湿極まりないと思います。

私は、意見があるならば、陰でコソコソとせずに正々堂々と主張すればいい、と思っています。十人十色、人それぞれ異なった考えや意見を持っているのが自然であるはずで、自分と異なる意見を持っているからだとか、自分の主張が通らないからだとか、考え方が気に入らないからだとか、その他諸々の理由で、このような手段で主張や表現を圧力をかけて封じ込めよう(と、私は勝手に理解しちゃいましたが)というやり方に、怒りを通り越して呆れてしまいます。

ここしばらくはいろいろ大変でしょうけれども、毎日朝晩と(一日に複数回アクセスしているのはお前もかっ! とツッコミが入りそうですけど)こちらをお邪魔するのを楽しみにしている一人ですので、ぜひとも今後も続けてほしいと思っています。
投稿者:ブーブーブー
今日のカウント300越えてますね。
すごいですね、その方たちの関係でかしら。
そのような客観的にみると負の行動とみえる行動をしている人は、自分が負の行動をしているとは気付いていないんですよね。
自分は正義だと思っている。
だからやっかいですよ。
比較的近くの方ということのようですね。
次女ちゃんはブログ顔だししてるし、
危険がないと良いのですが・・・
十分に気をつけてください。

1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ