What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
まめさん
ですよねぇ?私も男性自らそういう理由で手助け出来なかったのだとしても、私が支えていて、私が「どなたか男性の方」とお願いしているんだから、問題がないと思うんですよ。もちろん、そういう「触っちゃいけない」的な気持ちもあったと思いますけれど、でもそれだけではないっ!「ここで助けちゃえば色々と後が面倒」という計算もあったのではないか、と思ったりして。ま、全ては私の憶測ですけれど。いかにもひ弱で貧困な思想の日本男性という印象は拭えません。(どこまでも言う、言う・・・(笑))

まめさんの彼氏、ちょーsweetですもんねぇ。。。わかるなぁ、そういう風におっしゃるの。「やめてください」って、やだー。。。かわい過ぎる。
ええ、その反面、アメリカくんだりまで来てもいつまで経ってもかわいくないままの殿方もいらっしゃいますよね。残念至極です。別にドアを開けてあげたり、女性に優しくしたりで男性の権威失墜にはならないと思うんですけどねぇ。それでもっとお株が上がると思うんですけどねぇ。

日本でも男性達にはステキでいて欲しいという女子の願いですよね。
投稿者:lizzyco
ブーブーブーさん
日本ではなく、東京ではやらない事なのかもしれませんよねぇ。(でも、友人の東京人もびっくりしていたので、そうとも思いたくなく、、、その沿線の問題にしちゃいたいくらいですけれど・・・)大阪ではやっぱり考えられないですもの。側にいるおばさん達が「あんた、何ボケッとしてんの、早よ助けたりよっ!」との叱咤が飛びますから。
でも、それが普通とは考えない方がいいですよ、異常です。そういう風に女性達がしてしまったのでしょうが、世の中に男と女しかいなくて「日本ではやらないこと」と明言できてしまう事に、たとえそうであっても疑問を持った方が良い、と私は思います。そんな国、聞いた事ありません。本当にがっかりです。悪しき文化ですよ。
レディファーストとまでは行かなくても、こうなんて言うのか、ちょっと周囲の人に思いやりを持って接する事ができると良いのにな、と思いますね。発想の貧困さというのか、私達が子供の頃は「そんな事したら他の人がどういう気持ちなる?」という質問を大人達からよくされましたけれど、そういう事を今の大人が質問しなくなっているんでしょうね。残念ですよねぇ。
うん、そりゃ、mayuminさんのお話は涙される事でしょうとも!その100分の1でもあったらねぇ。。。あんなに苦しい時にもうちょっと気持ち良く過ごせたでしょうに。お察し致します。
投稿者:lizzyco
mayuminさん
いやー、驚きました。この記述だけを読んでいると、まさしく『アメリカにいる、しかも、アメリカ男性』という感じです。「自分が開けた方が早いじゃないのー」とアメリカ女性は言いません。あくまでも、男性が降りて走って開けてくれるまで頑固に車の中で待っています。でも、私もそれだけは時間の無駄に思えて仕方なく。。。そういうサービスは特別な時だけでいいな、いや、むしろなくてもいいな、と同感でございます。
が、mayuminさん、やっぱり恵まれていらっしゃいますよぉー!ステキ!どうか我慢(!?笑)して差し上げて下さい。なんだか、拝読していて、とっても良い気持ちになりましたです。ありがとうございます。
(後、レスが大変遅くなり申し訳ありませんでした。)
投稿者:まめ
うわ〜、やっぱりそこは男性にも助けて欲しいです。
下手に触ってちかんとかに間違われる怖さは分かるのですが、すでに女性のリジィ子さんが助けているからそこにヘルプするのは何も問題ないと思います。 ドアを押さえるとかエレベーターに乗り合わせたら女性をさきに降ろすとか、こちらはあたりまえすぎて確かにこれをされないとむっとします(笑) 私は日本などでドアを押さえてあげたりしてしまうのですが、日本の女性はとても恐縮しちゃうきが。これ自分でドアをあけるのとかせかせかしてしまうので、うちの彼が良く怒りますね。
そんなんしなくて良いから、あけるから、やめてくださいってw でもアメリカにきてもこういう部分はいつまでたっても日本人な残念な男性もいますよね。

http://mame-honey.jugem.jp/
投稿者:ブーブーブー
ああ・・・・
そこで男性に助けを求めるのは、日本ではやらないことなのですよ。
おっしゃる通り倒れたのが女子高生でしょ。
男性に触らせるのはこちらの考えでは無理です。
近くの女性に助けを求めましょう。
こちらではちょっと電車で触れただけでも痴漢扱いですから、男性もそれは手の出しようがありませんよ。
助けてあげたいと思ってた男性もいっぱいいたかもしれないけど、そういうの考えちゃうんですよね。
お互いね。
あとは朝だからなあ・・・
会社勤めの人は、そういうのって遅れる理由にならないので、知らん顔する人が多いんだよね。
でも黙って去ったりはしないよね。
私も昔、若いころはよく倒れてたけど、うずくまっててもなかなか助けてくれないのよね。
悲しいことなんだけど、レディファーストの話は東京では無理だね。関西でもどうなのかはわからないけど。
海外経験のある人じゃないと。
mayuminさんのコメは、もう私にとっては涙もんですよ。
リジィ子さんは知ってるからわかるでしょ。




http://ameblo.jp/mayurun-k/
投稿者:mayumin
うわぁ。。その電車での出来事には
色々考えさせられました。。
私の住む地方都市でも。。首都圏と、田舎では
助け合い精神に雲泥の差があります。。
うーむ。。でも、その女子高生はリジイ子さんと
乗り合わせてラッキーでしたね。

ドア考察については、女性側として
私が思ったこと。
ウチの夫は職業柄もあり、
徹底的なレディーファーストなのです。
妻にだけではなく、女性、お年寄りや身障者等など。
ドアはもちろん、何でしょうね、まるで外人並み。
お年寄りなどは感謝されますが、
女性はやっぱり、慣れてないから戸惑うこと多し。
で、私も未だに慣れません(苦笑
買い物はまあ、だいぶ慣れたけど荷物は全部持つ夫
両手がふさがった状態でも私にドアを開ける。
たくさんの荷物がある際など私がドアを開けた方が
早いんじゃ?と思うけれど
その前に半分私が荷物持ちたいな、と思うけれど却下
でもね。。ここは日本なんですよね、
夫がそんな状態なのにレディーファーストされて
私は小さなバッグひとつで悠然と。。の構図
端の見る目が気になってしまい非常に居心地悪いです。
(あの奥さん。。どうなの〜?)と実際
驚異な目で見られることも多いですし。
そんなわけで我が家は年に一度は
それでケンカしておりますw
(やり過ぎだ〜)と私がぶち切れることがあるので。。
車のドアまで開けるんですよ、
運転手じゃないんだから(怒
自分で開けた方が早いじゃないのー!とね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ