What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
Issptxさん
Issptxさんこそ、お忙しいでしょうに、御丁寧なお返
事ありがとうございます。

>>また「おっさん」のような輩も残念ながらおります
そりゃそうですよねぇ。どこにでもそういうのはいる
でしょう。だから、複数の人間に文書化したものを送
るのですね。
やはり、黙っていては自分の身は守れない、という事
に尽きるのが、この国の掟(?)のような気さえしま
す。こちらで頂いたアドバイスを元に、色々と検討し
てみたいと思います。
本当にありがとうございます。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
MINさん
>>息子さん達に不利益な仕返しをするんじゃないか
そうなんですよ、それも心配の一つ。あれだけ保身の
為には汚い手を使うような人間でしょう?平気でどん
な事でもするわよね、と思うのです。

そうかぁ、別の嫌な思いを味わった家族を巻き込む
ねぇ・・・。それは、とても良い考えだわ。でも、こ
ういう時に、ひきこもりな私には相談相手もいないの
よねぇ・・・。やっぱり、もっと外へ出ないといけな
いですねぇ。反省!

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
アンドリューさん
そうやねん、2回目やってん。ああ、早く教師生命終
わってくれたら良いのに。3回目が起こる前
に・・・。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
TAMAさん
「善意」ですかぁ。ううーむ。私はアメリカに来て以
来、人の「善意」を見ると身に沁みるようになりまし
た。それ位に、人の「善意」に出会った事って少ない
ですねぇ。ま、私自身が人の中に入って行くような人
間ではないのが影響しているのかも知れませんし、ユ
タという、その中でも特に閉鎖的な町だったという事
も影響しているかもしれませんが・・・。でも、
TAMAさんがそういう風に感じられるのは、本当に素
晴らしい事だと思います!運が良いのか、それとも凄
く良い土地柄なのかはわかりませんが、いずれにせよ
上手く行く事に越した事はない訳ですから。良かっ
た、良かった!そこからなるだけ引っ越ししないで
ね。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lssptx
お忙しい中、お返事ありがとうございます。
Districtの中にもマトモな人間も大勢降りますし、また「おっさん」のような輩も残念ながらおりますので、リジィ子さんの所属されているDistrictがどういった雰囲気をもっているか、それ次第になると思います。
複数のトップの人間にメールを送るのは賛成です。まずは予備知識を入れておき、どの人が反応を示すか、それから実際にその人と共に動くのもいいでしょう。
私はまだ子供はおりませんが、自分のことはともかく自分の家族にコトが起こった時ほど腹立たしいものはありません。
「おっさん」の報復ですが、ココはアメリカ。理不尽なことをされたら即、文書化して複数の部署に送りつけ、対処することが、自分を守る術かと思います。
その際、自分が望んでいることが何であるのかを明確にしておくと、割と早めの反応を手に出来るかと思います。
ただし、これはあくまでも私の所属していた(つい最近、引っ越したばかりなのです)Districtでのことですから、全てのDistrictに当てはまるかというと、そういうことはありません。
投稿者:MIN
すっかり出遅れましたが……。
ケイたろぴんの入学が許可されて良かったですね!!!
うちもダンナと一緒に喜んでました〜。

委員会への報告を迷われているようですが、お気持ちお察しいたします。
あの校長のことだから、今頃「許可してやったんだから、書類のことは不問にしてよね?」的解釈を勝手にやってるような気がしてなりません。
もし委員会への報告で彼に何らかの処罰が下ったとしたら、息子さん達に不利益な仕返しをするんじゃないか、と少々心配です。

もしアクションを起こすのであれば、lizzycoさん達だけでなく、あの校長と揉めた経験のある他の家族も巻き込んでみるとか?
ひとつのケースよりはいくつもあった方が説得力があると思います。(←いくつもあると決め付けてるし……苦笑)
いろいろ方法はあると思うので、lizzycoさん達が良いと思えるやり方を模索して下さいね。
私も何かお手伝いができるといいのだけど。
投稿者:アンドリュー
そうなんや。2回目なんや。この次はとどめ刺したったらええねん。手伝うで。
投稿者:TAMA
うーむ、私が鈍感なだけなのか、ここの土地柄がよほど良いのかどちらかですね、きっと。本当にこちらに来てから善意に助けられることが多いのですよ。コトバの不自由な私がえっちらおっちら校長室へ直談判に行く、それだけで結構何もがうまくいっちゃったりして。よほど運が良かったのかも知れません。
もう少し私も気を引き締めた方がよさそうですね。

ところで、うちも昨日また問題が続きましたよ(笑)。結果はまだまだ出そうにありませんが。

http://sky.ap.teacup.com/loveland/
投稿者:lizzyco
Issptxさん
初めまして。ありがとうございます、いつも読みに来
て頂いてようで。とても嬉しいです!(嬉)
また、アドバイスの方もありがとうございます。主人
ともこちらのコメント共に読ませて頂きました。

そうですかぁ、やっぱり他の州でもこの様な問題は起
きているのですねぇ。あのおっさんとて、希望に胸膨
らませて教師になったとは思うのですが、それが今は
出世欲かなんかにすり替わっていて、子供の育成とい
う部分からは気持がずれてしまっているのでしょう。
本当に残念な事だと思います。

私としては、ぜひこの事は事実の経緯だけでも委員会
へ報告し、謝罪などよりも、きちんとした訓戒をあの
校長には垂れて欲しい、という気持の方が今は強いの
ですが、ただ、委員会の方でそれを事実としてきちん
と把握してくれないのではないか、という危惧もあり
ます。この度のおっさんのように、委員会の人間が
おっさんの弁護ばかりに終始するのであれば、私の残
念な気持は尚増長されるようにも思います。それを防
ぐ為にも、複数の人間に書簡なりを送付しようか、と
も考えているのですが、その点、Districtで働いてい
らっしゃるIssptxさんはどのように思われますか?も
し良ければ、教えて頂きたいと切に願っております。

本当にありがたいコメント、ありがとうございまし
た。深く考えてみたいと思います。また、気になる事
などがありましたら、コメントして下されば幸いで
す。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
アンドリューさん
そうかぁ、仏の顔も3度まで・・・か。良い言葉や
ねぇ。それでもあのおっさん、後一回で終わりや。な
んでかと言うと、小学校の校長時代、私に失礼極まり
ない事したんよねぇ。ま、そんな扱いにはユタ生活で
慣れてるから、瞬間湯沸かし器程度の怒りで収まった
けど。だから、後1回はこっちが我慢した方がええん
かいねぇ?ま、それも時間の問題やろけどねぇ。

ほんま、アホと付き合うのは骨が折れるわ。なんで、
管理能力を研ぎすまさず、責任回避の技ばっかり磨い
てるようなんが校長なんかになれるんかなぁ。余程胡
麻擂りが上手いんやろうなぁ。

私には仏にはなれんような気がします。みんな気ぃ長
いわぁ〜。えらい!

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ