What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2021年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
今頃の(?)書き込みありがとう(笑)

こっちでも証正さんの事はニュースになっていてね
(当時)、で、アメリカ人の人達はザルカウイに怒
りを露にしていた訳です。外国人であるアメリカ人
でさえ、証正さんの事を悼むのに、自国の人間であ
る日本人の多くがただただ非難に集中してしまった
のは、私は日本人としてとても悲しかったのです。

でも、後の記事で、証正さんの遺体が帰国を果たし
た位から、非難ばかりでなく、暖かい言葉も多く
なってきた、と書いてあるのを読んで、「ああ、良
かったなぁ」と思いました。

日本の若い人達は長い物に巻かれる習性がこっちの
若い人達よりも強いと感じます。大人は心の奥底深
くで色々な事を理解して物を言ってるのだと思いま
すが、若い人達にそこまでは届いていないように私
は思います。物事の表面だけを見て、大人と同じ言
動をしている人も多いのでは、と感じます。日本人
の「あ、うん」の呼吸というのは、皆まで言わずと
も理解できるとよく言われるけど、心優しい言葉は
口に出して初めて力を持つのでは、と思う私です。

本当に戦争当事国に住んでいて思うのは、一番大変
なのはイラクの人達だと言う事です。心置き無い生
活ができない小さな子供達の事を考えると、心が痛
みます。本当の本当に、圧政恐怖もない、あの人達
が正しいと感じられる、つまりはアメリカの押し付
けでない平和が訪れるようにと心から祈るばかりで
す。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:かずりん
本当にショックな事件でした。
いったい彼が何をしたかったのか
何のために危険な場所へ行ったのか
今となっては、わかりようもないけれど
けれども、あんな結果になってしまったのは
とても残念でなりませんでした。
ご両親が「証生」と、名づけたのは
生きる証、という意味だったとテレビで
話されてるのを見ました。
彼は生きる証を見つけるためにそこへ
行ったのでしょうか?
本当にご家族の事を考えると胸が痛みます。
友人が香田さんが、殺されるシーンを
PCで見たと言ってました。
とても、むごくて、残酷だったと・・・
絶対に、許されない集団だと、ほんとに
怒りを覚えました。
一日も早く、イラクが平和になるように
祈るばかりです。
投稿者:lizzyco
私もご両親の事は本当にお気の毒に思いました。私
は、こっちでライブ形式のニュースが見れる訳では
ないので、後でネットの新聞上で読むしかなかった
のですが、その時に、空港に息子さんをお迎えに行
くご両親の姿を見て、それにも涙しました。別に深
い事が書いてあった訳ではないのですが、ただ淡々
と事実のみが書いてあったのですが、その謙虚そう
な姿に泣けました。

一晩寝て、にゅうわちゃんのコメントも本当によく
よく考えました。ある意味、これはにゅうわちゃん
のコメントというよりも、日本の人達がどういう風
に考えているのか、又は感じているかを如実にサマ
ライズされたコメントなんだろうな、と思いまし
た。そう言った意味で、にゅうわちゃんには本当に
感謝したいと思います。それに私がアグリーするか
どうかは別としても、そういう感じ方をする人が大
半を占めているのだろう、という事がよく理解でき
ました。

そうして、私が思ったのは、批判はとても大切だと
思いますし、絶対に他人の事を批判してはいけない
とは言っていない(自分自身)つもりです。ただ、
これは私のあさはかな希望なのかもしれないです
が、その根底に相手を思いやる気持ちがないと空し
いのではないかな、と思うのです。私が言いたいの
は、そこの所なのかもしれません。


http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:かおる
ニュースを見ていて気の毒に思ったのは、彼のご両親のことでした。本心では、ザルカウイが憎くてたまらないはずなのに、「息子を返して!」って泣き叫びたいはずなのに、世間の厳しい批判によってそれが許されなかった。「一人の若者のためにいろいろご尽力いただきありがとうございました。」というようなことをおっしゃって、いつも頭をさげて、気の毒でたまりませんでした・・・
投稿者:lizzyco
そうやねぇ、私も同じような気持ちがあります。若
さの愚かさ、とでも言うのか。な?
でも、それでも、そういう表現しかできないのは、
やはり、心が貧しい事だと私は思います。自然災害
など、本当に何の非も無い人が命を落とされて、そ
れにも涙しましたが、何の予備知識もなく、好奇心
のままに行ってはいけない所へ行った若者も、実は
命を落とす程に非があったとは私には思えません。
上手く表現出来ないけれど、私自身も「何故にこん
な時期にそこへ行く必要があったの?」と思います
が、だからと言って、「だから殺されても仕方がな
い、もっともだ」とは思いません。彼が賢明だった
とはとても言い難いけれど、私は、もうちょっと何
とかならんのかね、と正直思います。誰が何を言っ
たって、亡くなってしまった彼が還って来る訳では
ないのだから、それなら、「恐かったよね」位言っ
てあげてもいいのに、と思います。また、これは私
が変人なのかもしれないけれど、ここに住むように
なってから、私は色々な事を比較しないようになり
ました(でないと、生きて行けない)。それはそ
れ、これはこれ、と切り離して考えるようにしてい
ます。そういう事も影響しているのかもしれません
が、自然災害も本当に心に堪えましたし、あの長く
車の中に閉じ込められていた女の子がやっと地上に
出してもらえて、花嫁のブーケをお供えされたと読
んだ時には、私も泣きました。また、どうして、こ
ういう事が起きるのかなぁ、ととても理不尽な気持
ちになりました。が、その事をイラクの問題を比較
する事はどうしてもできません。
香田さんに対して、「あんたはこんな時期に行って
アホやった」と言うと同時に、「でも、かわいそう
やったな」と言ってもいいのにな、と私は思うので
す。そういうのが思いやりなのではないかな、と思
います。特に死んでしまった人に対しては、私はそ
う思います。死人に口無しです。彼にはもう反論す
る余地も、謝罪する余地もないのですから。


http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
香田さんの事件はかわいそうだとは思うけれども
一方でこんな時期に行くのが悪いというのももっともな意見だと思うの。
私たちは新聞やテレビからもたらされる情報でしか判断できないんだけれども、現地の人やその土地に詳しいジャーナリストにも危険だから絶対に行ってはいけない!と反対されてまでも行ってしまった彼の愚かさは否めないと思うし、もしどうしても目的があって行きたいならばそれなりの覚悟と準備をして行くべきだったと思うの。
肌を出さない国で短パン姿の一目で旅行客と判るような格好でいれば、捕まえてくださいと言わんばかりだと多くの非難を浴びたのも仕方の無いことだったと思えるし。
勿論、人を殺めるというザルカウィの行為は到底許されるべき行為ではないと思う。
それは誰もが(若者)解っているとは思うのだけれど、
ただ悲しいより先にそういう思いが先にあるものだから上手く表現できないだけのような気がします。
日本ではそうそう事で人と討論を交わすようなことなども余り無いしね。
折りも折り、日本は相次ぐ台風等の自然災害の被害が全国で相次いでいたし。
どしてもそういうのと比較してしまうと、そういう表現しかできないんだと思うの。
それにしてもイスラムの教えだって、人を殺めることを善しとはしていないだろうに、何故にああも残虐に次々に人を殺してしまうのか!!
何故にいつまでも終わりの無い戦いを続けるのか?
どの教えだってきっと平和を望んでいるはずである。
悲しいね〜、本当に・・・。

http://happy.ap.teacup.com/nyuwachan/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ