What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
ブーブーブーさん
なんだか、ブーブーブーさんのお話、ジンワリジワジ
ワと感動しながら読みました。なんか、涙が出ました
わ。子供が小さい時、特に最初の子育ての時なんか、
分からない事やイライラする事、ストレスのたまる
事、いっぱいあって、どこかにそれをぶつけてしまう
事ってありますよね。私もそうでした。
私も家で飼っていた猫に色々と面倒をみて貰っていた
のだなぁ、と今になって思います。もうその頃に飼っ
ていた猫は私の側にいないのですが、今、私はその子
達を思い出して、本当に自分がその子達に十分でな
かったなぁ、ごめんねぇ、と心の底から反省して思う
のです。「到らない私で本当にごめんなさいね。悪
かったです」と。で、今私の家には4匹の猫がいる訳
なのですが、そんな到らなかった自分を克服する為に
も心の底から可愛がってあげようと思ったりもするの
です。決して、その罪滅ぼしの為に飼っている訳では
ないんですけどね。そういう思いも時々思い出しては
味わっています。
ブーブーブーさんの所には、そのモモちゃんが今現在
もいるのですよねぇ。そうしたら、どうか、「イライ
ラした時は当たっちゃってごめんね」と仲直りして、
ブーブーブーさんのスタイルで可愛がってあげて下さ
いね。きっと、モモちゃんは今以上に幸せになると思
います。
うちの長女猫のみゃん子大先生は超ふてぶてしい猫
で、自分の気に入らない事には決して攻撃の手を緩め
ないので、時々私と衝突します。で、ちょっとやり合
いになるんですけど、後で「大人げなかったなぁ」と
反省し、謝罪に行く私です。で、頭を下げる私の頭を
「ハァーーーーッ」と言いながら何度もどつかれまし
た。でも、いつかは許してくれるのですよ。
モモちゃんともきっと上手く行くと思います。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:ブーブーブー
うちにもすごい偶然ですが、モモちゃんという4歳のメス猫がいます。
真っ黒なmixです。生後二ヶ月くらいのときにうちの玄関前で倒れていました。暑さにやられて、親にも見捨てられたようでした。ほとんど死んでいるように見えました。
ほうって置けず、病院に運び、獣医さんにも「たぶんダメかも・・」と言われましたが、翌日には「引取りに来てください」といわれるくらい元気になりました。
最初はやはり人をとても怖がり、来客があったときなどは、「本当に猫いるの?」と聞かれるほど、影に隠れて物音ひとつたてない子でした。
その頃はまだ我が家には子供もいなかったので、それはそれはかわいがりました。
一番私になついていました。
それから半年後くらいに私は上の子が出来て、つわりがひどかったので実家にもどり、生れるまでモモちゃんとは離れていました。
すると、戻ってきたときには、モモちゃんはすでに旦那にめろめろでした。
私は、初めての子供で神経質になっていたので、その頃からモモちゃんをおざなりにしてきたような気がします。
今でも旦那にベタベタで、私がなでようとすると噛み付こうとします。
イライラしたときなどモモちゃんに当たったりしていたからでしょう。
リジィ子さんの記事を読んで、私はいろいろ考えさせられました。
もっとモモちゃんにやさしくなければいけないなあ。と・・・




投稿者:lizzyco
yukoさん
本当の本当に、手をこんなに使えるのは霊長類だけで
すねぇ。それを考えると、手を持っているという事に
私達人間はもっと真摯な気持を持っても良いのかもし
れません。
道路で保護した猫ちゃん、抱っこすると噛み付
く・・・、それは抱っこされたら恐ろしい事を一杯さ
れていたからかもしれませんねぇ。yukoさんに保護さ
れたからには、ここから先、抱っこはステキで楽しい
ものだ、といつの日か必ず知って欲しいな、と思いま
す。あ、でも、猫って抱っこ、あんまり好きじゃない
ですけどねぇ、基本的に。
「あんたが私の事好きなのは勝手やけど、その愛情の
押し売りはやめてくれるかちら!?」とうちのミッ
チィたんあたりは毎日言ってます。

人間の子供の話にはなんだか笑いました。おる、お
る、おる、おる、おるよなぁ〜、と思いました。
・・・人間の子供も猫の子供も何ら変わる事は無い訳
ですねぇ。生きとし生きる者、『手」からは優しく扱
われたいと潜在の内に祈るのかもしれません。


http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
めいぴーさん
腱鞘炎、大変でしたねぇー。クリックをするだけでも
痛いんだぁ、と驚きました。右手の私達は、本当に右
手を酷使しますからねぇ。どうやって気をつければ良
いのか、私にはさっぱり分かりませんが、でも、なる
だけ気をつけてやっていこうと思います。めいぴーさ
んもお大事に。でも、手術などにならなくて良かった
ですねぇ。だから、ほぼ完治に半年もかかったのかも
しれないですが・・・。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:yuko
人間の(というか霊長類?)の手って本当に特殊ですよね。こんなに手で何もかもする動物って他にいませんものねえ。本当に手が不自由になったら、世界観がガラリとかわるでしょうね。
それにやはり人間の手の動きは、基本的に他の動物にとっては警戒してしまう動きなのでしょうね。最初に会った人間の手がやさしい愛情にあふれたものなら、手が大好きになるし、その逆なら痛さや恐怖感を連想させるものになるのでしょうね。
うちのニャンも手が嫌いな子がいます。今度道路で保護した子(生後5ヶ月弱くらい)もすごく人慣れしていて、人間に育てられたに間違いない子なのに、抱こうとすると手に噛みつきます。きっと乱暴な手に育てられたのでしょう。
モモちゃんも、きっと手に関する嫌なトラウマがあるのでしょうね。どんなめにあったのか想像すると悔しくって可哀想でウルウルしてしまいますよね。
そういえば、人間の子供も撫でてあげようとしたら、思わず目をギュッっとつぶる子いますよね・・・
投稿者:めいぴー
私も今年ほど手が大事だと再認識させられた事はない!3月の末に腱鞘炎になって歯がゆい思いをした。まず、歯が磨けない左だと変なとこにあたって口内炎を作ってしまった。料理はしにくいわ魚もほぐしきれない(>_<)
パソのクリックが非常に痛い!封印してました。元通りの95%に戻すのに鍼と灸マッサージで半年掛かりました。あ〜〜もう、こりごりと共に右手に感謝しましたわ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ