What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yuko
ホント、るみこまるさんの方言特集、すごくおもしろかったですねぇ。

それからリジィ子さんの記事中の『(あんた、)うん○したんかいな?』で仕事行く前に一笑いし、そして今また読み返して笑ってしまいました〜。
鹿児島弁、おおよその言葉を覚える時期の5歳まで他の地域で育ってしまったのと、母が長崎人なのもあって、すっごく残念なのですがネイティブではありません。色んな地域のチャンポン言葉です。鹿児島で生まれた下の妹はしっかりネイティブです(笑)。

でも鹿児島弁のわからない人のために同時通訳したことあります(そういう意味ではバイリンガル?)。それから青森人と話した時、青森弁バイリンガルの人に同時通訳して貰ったこともあります〜(おもろかったです)。
あっ、それから知人は旅行中の鹿児島の農協の団体さんを「韓国から来日している団体さん」と勘違いしたことがあると言っていました〜。

リジィ子さんの大阪弁の記事、いつも勉強させて貰っています。大阪弁の師匠は耳から浜村さんとカモ、目からリジィ子さんって感じです〜。

私、大阪に来る前は、大阪弁が苦手だったのですが、今は大〜好きです。大阪弁ネイティブに憧れております〜。
最近は、ラジオでもTVでも大阪弁の放送の方が断然心地良いです。ラジオなんか標準語だと、もうそれだけでおもしろくありません。

次回の「大阪人の笑いへの心意気」!超楽しみです〜。
投稿者:るみこまる
ヒャー 長々書いたのに うちも消してしもーた
また 出直して 明日コメントしますわ〜
くっそぉ 仕事帰りの電車に乗ってる間 バスを待つ間 バスに乗ってる間 うちに帰って今までかかった長文を 操作ミスで 一瞬にして消した
ショ-----------ック!!!
投稿者:めいぴー
ほんだら、楽しみにしとくわな〜
投稿者:ブーブーブー
ひゃー長々書いたのに、消えちゃった〜

船場って地名ですか?

私は東京に近い埼玉出身なので、江戸っ子言葉も使えませんし、ほぼ標準語に近い言葉しか使えません。
方言のないところで、育ったので、憧れます。
リジィ子さんのように、方言と標準語をきちんと話せる人は羨ましいです。
バイリンガルへの憧れに近いです。

勤めていたころ大阪支社の人と電話で話すたび、真似をしてみるのですが、なかなか上手く出来ずダメだしされてばかりいました<仕事しろよって感じですが

京都と大阪の言葉の違いもわからないくらいなので、大阪の中でも違うというのは驚きです。

ニヤニヤの理由は、人それぞれだと思いますが、馬鹿にしている人はいないと思いますよ。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ