What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
ショウジさん
文章と言うのは、読む人によって色々と捉えられ方が
違うものだと思いますけれど、この作家を生業とする
人の文章は、私にとってもまた、本当に心のない文章
だと感じました。罵倒、非難を覚悟と言いながら、そ
こから殺生に手を染めた自分の保身のみに走り、それ
は全く軸のない、矛盾の連続の文章になってしまって
いると思いました。
心がないものの書く文章、本当にそうだと同感しま
す。それをチェックして載せた新聞社も、また、私は
それなりに同罪の様に思います。
自分が一番正しいとは思いませんが、しかし、この問
題に関して、誰が何と言おうと、この作家はおかし
い。壊れてしまっていると思っています。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:ショウジ
僕はボキャがとても少ないので、もう、この怒りをな
んていいていいか、わからないです。このモンスター
を心底軽蔑します。心がないものの書く文というもの
は、読んでいて腹が立つ。原稿をチェックして、それ
でも載せた新聞社もセンセーショナルを欲しかったの
でしょうか。
投稿者:lizzyco
TAMAさん
ご無沙汰でーーーす!
日経、謝罪か何かしたんですか?私が読んだのには、
全部が全部「書いた人間を尊重して・・・云々」みた
いな事が書いてあったけど。
こうやって、怒ってる人はまだ良いですよ。世の中に
はアホが沢山いますからね。これがトリガーになっ
て、また動物のアビュースが増えるんじゃないのか、
と懸念されます。

私も何一つこの文章から納得出来る事はありませんで
した。で、私もまた最後の一文には大いに引っかかり
ましたね。
「何言うてるねん、このおばはん、誰がじゃ!」と爆
笑ですよ。そんなもん、誰が引き受けとんねん!です
わ。ほんまに市中引き回しの上に石投げられて、同じ
家の横の崖から飛び降りて死ね!と思いましたわ。
ここまで書けるのが凄い。もう狂ってる、とさえ思い
ました。顔写真見ただけで、吐き気がします。
本当に心底、こんな嫌なヤツ、知らんわ、と思いまし
たね。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
yukoさん
そう。そこなんですよ、私も思ったのは。
昔々の農村で起った事ではないですよね。この人はそ
ういう選択肢がある事をしっている上に、経済的にも
恵まれている訳ですよ。知識もあり金もあるのに、何
故わざわざ「殺し」としたのか。
この関連での物を幾つか読みましたが、犬も殺してい
るらしいです。つまり、命に対する意識があまりにも
低レベル、言い様無く低過ぎるのではないか。
・自身の子供を殺していても、もの凄く驚く事ではな
いな、と思います。人間を殺める事は出来ないと、理
性のどこかで思っているから、動物にその殺意が向く
のか、とさえ思います。
・挑発、そうか。そうとも言えますね。でも、なんで
そんな事、あの場に書いたんでしょうかね?世間を舐
め腐ってるのか?と、やっぱりこの人の人間としての
愚かさ、もしくは幼稚さを垣間見る様に思いました。
しかも、あの駄文。
・タヒチはフランス領なので、これはフランスの法に
よって裁かれるらしいです。フランス領事館にもバン
バン抗議の電話が入っているらしく、事は思った以上
に大事になる様相を呈していましたね。2年くらいの
禁固刑に等しいらしいです。

書いた方も書いた方なら、掲載した方も掲載した方で
すよ。日経って、時々、おかしいですよね?経済関連
のクソ面白くない紙面を目指しとけ!と、こんなの読
むと思ってしまいます。
・・・しかし、こんな殺人鬼がのうのうと生きて、何
の罪もない子猫が殺されるなんて、アホみたいや。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
ブーブーブーさん
私も同じ様に思いました。
微塵も同意出来る部分は、私にはありませんでした。
読み進める内に、この人、頭おかしいのか?とさえ思
いましたもの。
この作家、ホラー作家です。ホラー作家の人々全体を
こきおろす意図は全くないですけど、この人に限って
言えば、そういう事を考えたり、紡ぎだしたりしてい
る内に、人間としてどこか曖昧な部分が出て来てし
まったんじゃないのか、とさえ思えてしまう記述で
す。嫌いだなぁ、と思います。吐き気にも似た嫌悪感
が、この作家の写真を見ただけでさえ募る様になって
しまいました。
猫(それは、生きとし生きる者全てとも言える)だっ
て、そんなに人間と変わらないのに。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
にゅうわちゃん
この間、いつも行ってる獣医に膀胱炎用の餌を買いに
行ったら、生後3日の赤ちゃん達を見せてくれまし
た。もの凄く小さくて、お目目もまだ開いていなく
て、でも、毛並みははっきりしていて、
「ああ、うちの子達も生まれた時にはこんなだったん
だなぁ」ともの凄く感慨深く思い、出来るならその赤
ちゃんとそのお母さん4匹まとめて連れて帰りたい!
と思う程だったのです。
この記事を読んだ時、それを真っ先に思い出して、あ
んなに可愛い者達を殺せるその神経。
うちの旦那も絶対にその内、人間を殺す様になる、と
言ってたわ。人間を殺す時は他人ではなく、自分を殺
してくれ、と言いたい私です。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:TAMA
リジィ子さん、ご無沙汰!(記事は毎日ストークしております)
日経新聞、当初まだ反響が大きくなっていないうちは抗議の声にも「作家が書いた内容には関知しない」などとふざけた返答をしていたそうですよ。

このエッセイの中で私も最初から最後まで全く納得できることが一つもありませんでした。そして最後の一文、もう読み返すこともないだろうからうろ覚えだけど、「その命の悲しみも痛みも引き受けて」か何か言ってるのには吐き気が…。
引き受けるなら自分で飛び降りて死ね、と思いました。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:yuko
昨日午前中にlizzycoさんのこの記事を読み、彼女がなぜあんなエッセーを新聞に寄せたのか一日中考えていました。

崖から落とされ、死ぬまでの痛み苦しみは、猫の赤ん坊だろうが、人間の赤ん坊だろうが同じですよね。
雌猫を三匹飼っているということは、猫は年間4回くらい発情し、一回5匹前後生みますから、この作家は年間60匹程の赤ん坊猫を殺しているってこと・・・・!
避妊手術という方法があることを知りながら、かつ直木賞を受けた作家ですから金銭に困ってるわけでもないのに、自分の愛猫を「獣」と言い捨て、交尾させることが幸せと「とち狂ったこと」を言いう。
もうね、私的には、この作家自身が崖から飛び降りて死んでほしいですわ!

その他、このエッセーを読んで色々と頭に浮かんだのが

・この女は、既に過去に性欲の果てにできた「自分自身」の子供さえ殺しているのではないか?

・避妊手術をする飼い主等を「世の動物愛護家」とやや蔑んだようなニュアンスの文脈で書いているところをみると、避妊虚勢の必要性を唱えている人達より、自分の方が猫に対する理解度は深いと主張し、彼女のいうところの「世の動物愛護家」を挑発したかったのか?

・タヒチという日本から地理的に遠い地でやってることだから、自分が何をやっていようと直接攻撃は受けないし、日本の新聞に載せるのだから、現地の人達にも知られることはないと思った?

ああ、もうとにかく、避妊去勢した後の猫の状態を知らない奴が、「子猫を殺すことを正当化させようとして」あんな事を日経という大新聞に寄せるなんて許せません!
また、あんなエッセーを紙面を大きく割いて載せた「日経のお馬鹿さ加減」にも呆れるばかりです。
避妊去勢した方が、穏やかで、幸せな猫生であることに早く気づいてほしいです!
ああ、もうホンマ、・・・・化け物・・・いえ、化け物なら恐いだけだけれど、ホンマにこんな人間が存在するんだと知り、すっごく落ち込みました・・・

http://time-trip.at.webry.info/
投稿者:ブーブーブー
訳がわからない。
なんでこんなことを新聞で発表するの?こんなことをしている人がいるなんて、知らない方がよかったよ。
『猫は避妊手術なんかしたくないというだろう』と書いてあるけど、子猫は殺してほしいとでも猫はいうのかしら?
なんかいろいろ思うけど、うちの猫のももちゃんがテーブルの上でぐっすりネンネしているのを見たら、作家さんと同じようには1ミクロンも感じられないことだけはハッキリわかった。
この作家、本当に物書きなのか?とさえ思ってしまった。
腹立つ〜!キィ〜!
投稿者:nyuwa-chan
私も今朝、この記事を読んでもうビックリでした。生まれた子猫を崖から投げ捨てて殺していたなんて・・・。
私はすぐにこれを人間に置き換えたら・・、と思うと背筋が凍りつきました。

http://happy.ap.teacup.com/nyuwachan/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ