What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
ブーブーブーさん
はい、5年も経ちました。
で、ブッシュは改めて、「一国挙げて戦争頑張ろ
う!」みたいな演説したんでっせ。
きっと、誰も鼓舞されるような人間はいなかったと思
いますけれど。この殺人者、と思いながら私は見てま
した。
あのテロで亡くなったご遺族の方達は、誰もこの事に
賛成していません。その事を今一度考えて欲しかっ
た、とあのお猿には思います。
残念ですね。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
TAMAさん
>>彼らにとって戦争とは軍人がどこかへ出かけていっ
て傷ついたり死んだりして帰ってくる痛ましいもの

ほんまにその通りや!と思いました。Newaweekを読
んでいても、なんだか違和感があるなぁ、と思ってい
たのは、そこの所で、TAMAさんがおっしゃる通り、
「自分の家が焼かれたり食べ物がなくなったり、」と
いう本当の戦争の悲惨さからかけ離れているからなん
ですねぇ。
子供が被害にあって殺されて、ビニール袋に詰め込ま
れている写真を見ても、大抵のここの人は他人事で
「ひどいなぁ〜」と言ってるだけのような。そうし
て、「軍人○○は△△の戦闘でどこそこを負傷したが、
サバイブした」なんて事を一生懸命に言ってる訳で
す。そういう人達がいるから、私達ののほほんとした
日常は約束されてる訳ですけど、でも、本当はその軍
人の陰で、軍人でもないのに、軍人と同じ様にサバイ
ブした一般人もいる訳です。軍人でもないのに、「名
誉の戦死」を遂げた一般人も沢山いるのですよね。

ユタにいる時、娘の学校で「黒い雨」と「火垂るの
墓」を見たそうです。高校生というのもあったとは思
いますが、「神に背いた日本人はこうなって当たり
前」という意見が圧倒的だったそうです。
・・・何の為に観たんかいな、と思いました。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:ブーブーブー
もう5年も経つんですね。
あのテロのニュースを中継で見ていた時の記憶があまりにも鮮明で、ついこの間のような気がします。
日本の首相や、アメリカのおさるをみると、腹がたって嫌になります。
投稿者:TAMA
そう、アメリカは自分の国で戦争をしたことがないから、と私も強く強く思います。思っています。
彼らにとって戦争とは軍人がどこかへ出かけていって傷ついたり死んだりして帰ってくる痛ましいものではあるけれど、自分の家が焼かれたり食べ物がなくなったり、ペットどころではなくなる、そんな生活、想像もしていないんじゃないかと思います。
火垂るの墓とか、見て欲しいと思いますねえ。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ