What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
姐さん〜!
友よぉ〜〜〜!!!同じや、同じぃ〜〜〜!!!
そうかぁ・・・。全ては私の妄想やったんね。
うんうん、私も、ぬいぐるみ、折り紙、色々とあの手この手でお雛さんの代わりをやりましたわ〜!
それはそれで、全然楽しかったよね?
ま、私の場合はあんまりお雛さんが何が何でも欲しいとも思わんかったんよねぇ。
ほんま、ぬいぐるみ、折り紙で充分、納得しとったんやわ。

ほんまに、今度一緒にお雛さんお祝いしようなぁ!
ちょっとは飲める様に練習しとくでぇ〜〜〜!!!
・・・、ああ、でも、体内蒸留でもあんなんやのに、ほんまに飲んだらどないなるんやろう。
私がワインなんかを飲んだ時の様子を娘に言わせると、
「非っ常にせわしなくしゃべり続ける」らしい(爆爆爆!)

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:西宮マダム
リジィはん!
そんな誇大妄想を繰り広げていただいておったとは・・・ひたすら申し訳ない(笑
ほんまにね、わたいのお雛様はないんだす・・今でも・・・(涙
ほいでも小さい時からこの時期になると自分の持ってたぬいぐるみの人形さんを・・そや言うたら卓球台くらいの大きさの板があったんよ!それの上にこれでもかぁ〜♪ちゅうくらい並べまくって、わたいのお雛様(もどき)にしとったのよ!(爆

おもたらそれで充分?納得してたんやろなぁ〜・・・今は昔の話しやけどさ・・・

ほんまに今度一緒にお雛さん祝える日が一日も早く訪れてくれることをほんまに祈るわ!(笑
投稿者:lizzyco
西宮マダムの姐さん
おおきに、姐さん。うちの母もお褒めに預って、喜んでおるでしょう、オホホ。

ええー!?姐さんが自分のお雛さん持ってへん、という告白(んな大層な)には驚きでんがな。ほんまでっか?なんか、姐さんを見とったら、小さい頃にご実家で大きな七段飾りのお雛さんをお母様がお出しになって・・・、みたいなんを想像しておりましたがな。
あ、でも、それってのは、ご実家のお雛さんって事なんかなぁ?

子供に女の子がおらんでも、姐さんが女の子やねんから、やっぱりお雛さんはあった方がええなぁ。ほんだら、ご子息も「お母ちゃんは女の子やねんや」と、今よりも更にもっと大事にしてくれはるかもしれへん。
・・・って、今でもご長男さんなんか、お母さん大切にしてはるけどねぇ。これ読んだら、「このおばはん、どこまで俺に望むねん」と私を殺したくなるかもしれへんなぁ?

でも、あくまでも、このお雛さんは私のやのうて、うちの長女のやねん。うちの母が長女の為に、言うて、作ってくれはったからねぇ。
おんなじや、おんなじ、姐さん。今度一緒にお雛さん祝える時には、二人でワイン飲んで、飯喰って、団子喰おう。その方が、お雛さん可愛がるより、わてらに似合うてると思うねんけど・・・(爆

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:西宮マダム
もう!素晴らしい!
手作りの木目込みお雛様やて!
それもこんな立派なん、見たことないで!

わたしな・・・自分のお雛様もってないねん・・実は(笑
で、いつもこの時期になったら”あ〜お雛様やっぱしええよなぁ〜♪”って思いながらやり過ごしてきてんけど、それがお母様の手作りやなんて・・・ほんまにうらやましい・・

家は女の子がおらんからさ、結局買わずじまいやけど・・・
なんかこういうのを見せてもろたらやっぱしほしいなぁ〜自分のお雛様・・ってしみじみ思います。

投稿者:lizzyco
アンドリューさん
ほんまのほんまに飾ってくれてありがとう!
嬉しかったわぁー。また、ぼんぼりつけた写真なんか、最高に可愛いし。アンドリューさん達が可愛い、可愛いと思いながら飾ってくれはったんがめっちゃこっちに伝わって来たわ。
で、お願いやねんけど、出来れば今月の終わり頃まで飾っといて欲しいわ。婚期が遅れる様に・・・。
な、な、なんて自分勝手な母親!?と思うでしょうが、これも私の愛情です。<開き直りかっ!?

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:lizzyco
かおる
このお雛さんは、一応建前は孫娘への贈り物だったんです。でも、今にして思えば、うちは私達が子供の頃はそれ程裕福ではなかったし、飾る場所もなかったので、結局お家にお雛さんがあった事はありませんでした。母は、それも気にしていたのかもしれません。
で、孫娘へ、と言いつつ、実は私に対しても作ってくれたんじゃないのかな、とそんな風に思えます。
有り難い限りですが、そういう思いやりに気づいたのは、最近になってからです。親の心、子知らずとはこの事。人間、年は取るもんやなぁ、と我ながら思いますわ。

http://orange.ap.teacup.com/lizzycutie/
投稿者:アンドリュー
嫁入り前の娘さんが二人もいる家から預かってるのに飾らないわけにはいかないでしょう。本当にこのお雛様、可愛くて、やさしい顔をしています。愛情のこもった1品です。
投稿者:かおる
すごいです、お母さん。
愛娘への愛を感じます。
石井桃子さんの「三月ひなのつき」っていう物語知ってる?
お母さんが愛情たっぷりに、一人娘のために雛人形を用意するの。
石井桃子さんって、この三月十日で100歳になられるっていう話題から、今幼稚園のママ友で、ちょっとした石井桃子さんブームが起こって、図書館で借りたりしてみんなで読んでいます。
で、私は昨日、初めてその「三月ひなのつき」っていうのを読んだんだけど、母子の絆が書かれていて、最近涙腺が弱いのでボロボロに泣いてしまいました。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ