What I Write about When I Write about Love

人生こよなく愛するリジィ子の等身大エッセイ。

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事カテゴリ

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:lizzyco
西宮マダムの姐さん
・・・生まれ落ちた時から宇宙人(爆笑!!!
ああ、しかし、姐さんちもそうだったとは!友よ!
・・・って言うか、姐さんちの州さんもうちのケイたろさんも、変人ですもんなぁ。故にかわゆいという話しもあるんやけど・・・(親くらいしか愛せない?と言う説も有力)
もういいです。このままスクスク育ってくれ、○大ハム・・・などと思ってしまいます。ウフフ。
投稿者:lizzyco
ブーブーブーさん
ブーブーブーさんの所のお子さんが間違えるのは、まだまだ許容範囲内です。だって、まだ5歳だもん。
うちは来月16歳ですから(爆
きっと、もう絶対に直らないと思う・・・(涙
投稿者:lizzyco
かおるちゃん
では、頑張って強要して下さい(笑)
投稿者:lizzyco
かずこさん
笑いを取る気は全くなしです。至極真面目に、です。
カリフォルニアと違って、接する日本人は親以外ほとんど皆無な状況で大きくなるとこうなっちゃうのかな、と思っていたのですけど、そういう訳でもなく、ここに来た時に小さすぎるのが原因の様ですね。
とは言え、長男は6歳だったんですけどねぇ。
その時の方が完璧だったなぁ。

母親に『ラブユー』と言えるのはユタ生活のお陰です。アメリカ人の男の子はそれで世を渡って行きますから(笑)おっさん声の長男もハグしながら「ラブユー」と言って出かけて行く事、多々あります。
あまりにも日本の文化とはかけ離れた挨拶ですよねぇ。照れるのも、分ります!
投稿者:西宮マダム
姐さん・・・
恥ずかしながら・・うちの・・特に次男はんは、未だにたま〜にやってくれますねん、その同じ事をね。。(涙
未だに顔をつき合わせて面と向って話をしてても、全く通じてない時も多々あるし・・それってはなから聞いてないのか?はたまた私の言葉が理解できないのか?はたまたもう脳内があっちの世界に飛んでいってしまってるのか???もうさすがに疲れ果ててる母だす。。(号泣)
まあ、きっとあの子の場合・・一生続くような気がしてます。もともと生れ落ちた時から”宇宙人”やったし・・(大汗
投稿者:ブーブーブー
「ハブファン」とか「ラブユー」とかもあるんですね。

ただいま・おかえりなさいはうちの子もたまに間違えますよ。

日本に暮らしていても、正しい日本語って難しい。
投稿者:かおる
「ラブ・ユー」、言ってもらいたいわ
投稿者:かずこ
ほんとにですか?
ふたりとも、笑いをとる気はまったくなし?

日米いいとこどりの、カンペキないってらっしゃいのやり方、ちょっと、広めたいですね。我が家は、後半が照れくさくてむずかしそうですが・・・


http://sanakopi.exblog.jp/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ