GIフィギュアのはなし

ここではカスタマー“MATSUYAランド”による
GIフィギュアの作例・カスタム例を、まとめて掲載していきたいと思っています。

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:matsu@be
stanさん、こんにちわ〜〜〜笑。
>ヘッドセットとヘルメットのマッチングは

現用ですと、このあたりは課題でしょうね〜?

実物と寸分違わず。を取るか、フィグのシルエット重視でいくか?・・・ってポイントでしょうね・・・。
どちらもそれぞれ、見せ場があるのでどちらでも良いと思うのですが・・・笑。

このあたりは、個々の方々の好き好き。って部分でしてね。
面白いですよね、作品作りは・・・笑。

ウチなどは、完全にシルエット重視なので、これに邪魔になる部分は、省略しちゃってます。
ウチの見せ方の基本は、見る人が1メートル離れた所から見ている時に、良いバランスになる様に作っています。

ですから、手にとって見られちゃうと・・・粗が見えたりもします・・・爆。
投稿者:stan
いや凄い。
ヘッドセットとヘルメットのマッチングは
永遠のテーマなんですが、やはりこの位割り切って
処理しないとなかなか納得行く物には
なりませんよね。勉強になりやす(^ー^)p

http://happy.ap.teacup.com/stan/
投稿者:matsu@be
AKさん、こんにちわ〜〜〜。
>近所の工事現場のおっちゃん(笑)を見ても・・か>なりな・・ウエザリング具合が・・(笑)

このあたり、賛否両論あるのは耳に入っているのですが・・・
僕らの日常生活では、想像も付かない生活をしているはずなんですよね・・・当時の兵隊さん達は・・・。

最近の若い子達は、アスファルトの上にでも平気で座ったりしてお行儀悪いですけど・・・兵隊さんって「究極のアウトドアー」の生活をしている訳で・・・綺麗な舗装路ではなくて、ホントの地べたに腰を下ろし這いつくばっているんですよね。

で、この部分をウチの場合は、デフォルメで言うところの「強調する。」と言う事を大事にしているので、どうしても汚れが激しくなるんですね・・・笑。

でもこのウエザリングの効果として・・・
「激しい戦いを生き抜いた。」って、感動的なイメージになるものと、信じてるんですね・・・笑。

実際、現用の本ですが、特殊部隊系の書籍を4冊くらい読んで・・・訓練の激しさ・厳しさを知りました。
装備品の総重量が40キロを越えた状態で、24時間のうちに地図と磁石だけで、原生林の立ち並ぶ山岳地帯を30キロ先の目的地へと向かう訳です。って、訓練です・・・驚。

汗まみれ・泥まみれで、川をも渡ったり・・・も、するわけで、汚れている事に不自然さは無い。って、思ってるんです・・・。

2次戦と現用特殊部隊だと違うよ。って、声も聞こえて来そうですが・・・僕から見たらどちらも同じ兵隊さんで・・・2次戦・朝鮮・ベトナム等などの経験があっての現用ですから、この特殊部隊の訓練には過去の戦いの要素が含まれている。と、思うのです・・・。

そんな部分から、ウチの場合は「兵隊さん=泥だらけ」って、辿り着いたのです・・・。
ただ、この考えが正しい!と、人様に押し付けるつもりも全然ないので、これは、ウチの考え方。って、事ですけどね・・・笑。
投稿者:AKxGRENADIERE
う〜ん・・これも・・ありそうで・・
なかなか無い設定ですね〜(笑)
特に・・アフリカアメリカン・・なトコが・・Goodですね〜!!
ウエザリングに関しては・・全く同感ですが・・
近所の工事現場のおっちゃん(笑)を見ても・・かなりな・・
ウエザリング具合が・・(笑)
これが第一戦の兵士だったらもっと・・・。

しかし・・相変わらずの製作スピードの速さに脱帽!(ペコリ)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ