NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原登山記:マッターホルン・アタック〜登頂編

●マッターホルンアタック日





朝03:00に目を覚ます。




「03:40に起き、04:00にヘルメットやハーネス、クライミングギアを装着済みの状態で出発準備をすませて集合。そして朝飯食ったらすぐに出よう」とあらかじめメンバーたちと打ち合わせしていた。





体調も不安だし、トイレも行けなかったら不安だしで、その俺なりの結論が3時起床だった(笑)





ちなみにツェルマットの遅い夜明は06:30くらい。





トイレに何度か行き、腹の準備を済ませ、マルコ、アンディー、マッキーと朝食のパンとチーズを口に詰め込む。

はっきり言って食欲はないのだが(笑)






そして04:20。





3・2・1・レッツゴー!の掛け声で、他パーティーも入り乱れ、まだ暗いヘルンリ小屋を一斉に出発。





クリックすると元のサイズで表示します

マッターホルンアタックの出発時刻は04:20〜とレギュレーションが決まっているのだ。





今回のルートはヘルンリ稜。図の黄色いラインの引かれたリッジをたどる。





クリックすると元のサイズで表示します





そして10分後、





いきなり現れた暗闇の壁は90度越え(笑)しょっぱなからオーバーハングのクライミング。





クリックすると元のサイズで表示します





しかしこちらもトレーニング済みだ。

なんなくこなしてガンガンと進むよ。





なにせ中継地点のソルベイヒュッテに3時間以内で着かなければ撤退する計画だからだ。

自分のパーティーは先頭から7番目くらい。





前のパーティが壁で手こずり詰まる。


待っていると後ろのパーティーのガイドに「GO!GO!」と、ケツ叩をかれた。





クリックすると元のサイズで表示します

俺らが詰まってるんじゃないぜ!おい外人、日本人なめんなよ!





アンディーとマッキーのパーティーは、一番先頭のグループで順当に登高中だ。





競争ではないのだが、撤退のタイムリミットもあり、各パーティーみな早く上がりたいのだ。





リードのマルコが「こっちから登ろう」と、ルートを変える。

他ルートから一気に登り、前パーティーを抜きさる作戦に。





クライミングルートに決まりなんてない。どこから登ろうと自由なのだ。






前パーティーをクリア。ついでに後続を一気に離し(ケツ叩いた奴してやったり笑)、そりてまたクライミング。





登攀開始から1時間半くらいか。





しだいに各パーティーもバラけ、各々のペースで高度を稼ぐようになる。






そして中継地点のソルベイヒュッテに。間もなく夜が明けるよ





クリックすると元のサイズで表示します

ここまで2時間。一般タイムより1時間早いぞ。良いペースだ。体調もなんとか大丈夫そうだ。





除所に明るくなる空





クリックすると元のサイズで表示します

しかし休憩などはしていられない。

なにせ午後から荒れる予報。

スイスアルプスにおける登山ではスピード=安全が常識なのだ。






落差1000メートルの
壁も、もうまったく気にならない。そんなハイペースぶり(笑)





クリックすると元のサイズで表示します






ようやく肩部まで到達し、モルゲンロートに染まるマッターホルンのサミット(頂)





クリックすると元のサイズで表示します





マルコがリードし、設置したクイックドロー(カラビナの留め具)を回収。

そしてまた登る。






クリックすると元のサイズで表示します





GO!CLIMBING!!






クリックすると元のサイズで表示します





後続たちを見おろしながら





クリックすると元のサイズで表示します





もうすぐ上部氷田だ。安定したテラスでアイゼンを装着しアウターシェルを着る。






時間はない。さあすぐに行こう!ここはフィックスロープありだね。





クリックすると元のサイズで表示します





ここからが氷田。山頂まではあと少しのはず。連続のフィックスロープに少し腕が張ってきたが。





クリックすると元のサイズで表示します





そしてまた壁





クリックすると元のサイズで表示します

ここはフィックスは使わず横の岩をクライミングでクリア。





そしてまた氷田。

風もあり、手がの寒さも限界となり、冬用グローブにチェンジ。






残置されたロープがそのまま透ける氷に埋まったままの物もあった。





クリックすると元のサイズで表示します

写真は上からアンディーが撮影。黄緑ウェアがマルコ、黄色ヘルメットが自分だ。





サミットまではあとちょっとだぞ。なんとか登頂できそうだ。





山頂直下、各国のクライマーを尻目に一番先頭でサミットに上がり、そして下ってきたマッキー、アンディーのパーティーとすれ違う。




クリックすると元のサイズで表示します




マッキー:一足お先に登頂しました!!




クリックすると元のサイズで表示します

江原:お〜やったな!コングラッチレーション!登頂おめでとう。俺もすぐに行くからな!





ずっと憧れてきたマッターホルンのサミットは目前だ。





ついに何度も画像で見てきた最後のナイフリッジを越える





クリックすると元のサイズで表示します





高鳴る胸。本当にドキドキする。

この瞬間を味わう為に3年間トレーニングしてきたんだ。





うわっ






うわわわわっ






うわわわわわわっ!

俺、マジでマッターホルンに登ったよ!





登ったんだよ!





目が熱い。涙がちょっと出た。





サンキューマルコ





クリックすると元のサイズで表示します





マッターホルンのサミットに日本とスイスの国旗をかざす





クリックすると元のサイズで表示します

とても狭い最高点。





滞在時間は約10分。後続も来た。狭いサミットをゆずる





クリックすると元のサイズで表示します





そして下山開始だ





マリア像に挨拶





クリックすると元のサイズで表示します

妻に持たされたねむ太郎も一緒に(笑)





もときた氷田を下り





リッジ沿いにロープで下山




クリックすると元のサイズで表示します

岩につっ立ってるのではなく写真の先が下降ルート(笑)

こりゃイモトがヘリで降りたのもわかるね。







あとはサクサクとラペルで





クリックすると元のサイズで表示します

と言ってもロープダウン10数回(笑)






クリックすると元のサイズで表示します





そして無事に下山終了





クリックすると元のサイズで表示します





ヘルンリ小屋に戻ると、沢山のクライマー達に「コングラッチレーション!」と祝福された。





自分らはラッキーにも登頂できたのだが、みなテストをクリアしてきた各パーティー。そのうち約3割は敗退となっていたのだ。





テストトライアルも含め、マッターホルンの登頂率は約30%。本当によかった。





マルコがマッターホルン登頂証明書を書く





クリックすると元のサイズで表示します





そして登頂者のみが着けることの出来るバッジを胸につけてもらった。





クリックすると元のサイズで表示します

熱あったし、俺かなり顔むくんでるな〜(笑)





そしてマルコと抱き合いヘルンリ小屋で別れた





ツェルマットへの帰路。マッターホルンは雲に覆われ雷が鳴り響く





クリックすると元のサイズで表示します





本当にギリギリだったんだ。





翌朝、マッターホルンはじめ、周辺の山々は冠雪し、雪化粧となった。





クリックすると元のサイズで表示します


しばらくは、入山規制が入るだろう。





今回も無事にミッションをクリアできた。3年間計画してきたビッグミッションを・・・・。





クリックすると元のサイズで表示します





旅のなにからなにまで世話になったマッキー





クリックすると元のサイズで表示します





組んでくれたマルコ





クリックすると元のサイズで表示します





アンディーに




クリックすると元のサイズで表示します




コンスティー




クリックすると元のサイズで表示します





みんな本当にありがとう






マッターホルンよありがとう!!!





クリックすると元のサイズで表示します





ありがとう!





まだ俺達のチャレンジは終わらないから




クリックすると元のサイズで表示します






FIN





クリックすると元のサイズで表示します












投稿者:江原
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:江原
hirocangさん、ありがとうございます!本当に感動しましたよ。

これからもロマンあるブログめざしますのでよろしくお願いいたします!
投稿者:hirochang
おめでとうございます!
いつもHP(主に釣りですが)楽しみにしておりますが、感動しました!鳥肌!
新たなチャレンジもガンバってください!
投稿者:江原
田原さん、ありがとうございます!そちらのミッションもシーズンインとともにクリア目指します!

また稽古つけて下さい。
投稿者:江原
こなちゅんさん、ありがとうございます!えば兄さんは八王子気質のチャレンジャーなのです(笑)

ちなみに同行者も八王子です(笑)
投稿者:江原
矢七さん、ありがとうございます!本当に感動しました。

男のロマン、僕は磯の調子ががめっきり上がりません(笑)

またよろしくお願いいたします!
投稿者:江原
通りすがりさん、ありがとうございます!

天候は本当に恵まれました。当初アタックは無理かもしれないと思っていましたから。
投稿者:田原
おめでとうございます。
あとは魚のミッションが…
投稿者:こなちゅん
えば兄さん!すごいっす☆

久しぶりにブログ拝見に参りましたら
もうっ!!
感激したっ♡
投稿者:矢七
やったーーー!!
おめでとうございます。

男のロマンを追いかける江原さん
かっけーー!!
投稿者:とおりすがり
マッターホルン登頂おめでとうございます
アタック後の雷鳴、翌朝の冠雪とは持ってますね!
AutoPage最新お知らせ