NIGHT * SPIDER - X by 江原堅志

真実と答えの全てはフィールドにある。

磯ヒラスズキ、ウェーディングシーバス、青物、そしてフィッシングトリップ。メディアに惑わされず本物を追い続ける実戦主義ソルトルアーフィッシングチーム=NIGHT*SPIDER。

江原堅志、あきんど、小澤剛 がお届けする純度100%実釣リアルレポート。どうぞお楽しみ下さい!

 
舞台は関東近海。 そしてショアラインからの限界。 そんなドラマを求め••• 目まぐるしく変わり行くフォーシーズンの海洋状況に気象状況。 X-STYLEでモンスターフィッシュに立ち向かう。  ターゲットはいつでも本能のままに。 いざ勝負だ !

最近の投稿記事

最近の投稿画像
8/27 江原釣行記・近況釣…

最近の投稿画像
7/13 江原釣行記・近況-…

最近の投稿画像
5/8 江原釣行記・平成最…

最近の投稿画像
4/17 江原釣行記・荒れ後…

最近の投稿画像
3/19 江原釣行記・ヒラス…

過去ログ

QRコード

RSS

江原釣行記・静かになりつつまだ粘る(笑)

秋から冬に本領を発揮するロデオルアー。ある意味宣伝だが、本当によく釣れるのだ。




残りシーズンあとわずかの湾奥河川。魚の減り具合と比例してアングラーもだいぶ減り、後発の自分にもようやく撃ちやすいシーズンになって来た。




潮も潮だが(笑)




若潮。潮位は120からの下げ8分。




BANZ125でウェーディングしながらアップ&ドリフトでシャローを狙う。




開始早々に、いきなり70アップ



クリックすると元のサイズで表示します



水没した根の裏側でターンさせると食ってきた。


その後乗らないバイトが数回。




そして60クラスをキャッチ。



クリックすると元のサイズで表示します




潮位が下がると、徐々にバイトが浅くなり、まあまあサイズを2〜3本掛けたがバラす。



根から引き剥がす少し強引なファイトもバラしの要因だが、それ以外に獲る方法は自分には浮かばなかった。



その後ソコリ90を過ぎ、BANZのリミテッドカラーをロスト(涙)加えてアングラーが入って来たので早めに納竿。



まだ可能性はありありだ。



ロッド:プレジールDP88

リール:ステラ4000

ライン:東レ・シーバスPEパワーゲーム22LB、リーダー25LB

ルアー:BANZ125、90、グース125、リップライザー110改他
投稿者:江原
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
AutoPage最新お知らせ