長野歴史研究会 SLG

長野県でのSLG(シミュレーションボードゲーム、ウォーゲーム)活動を報告する個人的なブログです。これを見てぜひ参加したい、連絡を取りたい方は、コメントなど入れてください。ドイツゲームからの移行も大歓迎です。ドイツゲームも最近はプレイしています。

 

掲示板

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:寺坂国之
拝啓

突然のお便りで失礼致します。長野歴史研究会の皆さまにおかれましては、日夜ご研鑽のことと存じます。
私事ではありますが、長年の念願であった古代史の本「氷解する古代」を遂に上梓することができました。この四十数年、古代史の森をさ迷いながら、コツコツと積み上げてきた成果(?)がやっと実ったものです。

内容的には
誰も気づかなかったもう一人の卑弥呼、卑弥呼は襲名制だった!
後漢書倭伝の卑弥呼は魏志倭人伝の卑弥呼ではなかった!
誰も疑問を抱かなかった後漢書倭伝の大倭王、このちっぽけな国の王に、なぜ大のカンムリが付くのだ!
後漢書倭伝は決して魏志倭人伝のコピーではない!それは過去の歴史家たちが錯覚の迷路をさまよっただけの話だった!
誰も知らなかった倭人のルーツ、それは波濤万里に挑んだ鳥(ちょう)夷(い)だった!
史記にも登場する鳥夷を決して島夷と混同してはならない!

以上のような、従来の歴史家が全く夢想さえもしなかった驚愕の史実をメインにして市民レベルの視点で書き上げました。
しかも、分かりやすく読みやすい極めてユニークな倭人と倭国の通史になっていると思います。是非ともこの機会に、長野歴史研究会の皆さまにもご一読いただき、ご批判、ご教示を頂戴したいと存じます。
どうかよろしくお願い申し上げます。

敬具

2011年2月4日
東京都日野市旭が丘5-3-26
寺 坂 国 之
多元的古代研究会 会員
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ