2005/10/9

コモドール社 Amigaの実力  コンピューター

クリックすると元のサイズで表示します

猫が洞の1987年頃のアルバムから Amiga1000ジャグリング デモ画面


●コモドール社のアミーガというパソコンをご存知だろうか?当時AppleIIGSと時を同じくして発売された映像やサウンド方面に強い革新的なマシン。MPUはMacintoshと同じモトローラの68000を使用しながら”デニス””アグネス””ポーラ”といった3つのカスタムチップのおかげですばやく画像や音楽を処理する事が出来た。(エヴァのマギコンピュータみたい 笑)

デザインはPowerMac6100みたいなピザボックスタイプで美しかった。

画像は東京のショップであまりの見事さに思わず写真に撮った デモ画面。
静止画ではなくアニメーションでロボットがお手玉している。

当時Macintoshで手一杯だったためスグに資金が回らず後年に普及型のAmiga500という機種を購入。しかし不幸な事に故障が頻発し交換修理を繰り返しだった。懲りずに90年代後半になって初代モデルのAmiga1000を手に入れたがやはりOSがなじまず部品もMacと比べてコストダウンしてることがうかがえて幻滅。(MacはAmigaよりもも数倍高かったからそれと比べたらAmigaはかわいそうか?)

その後コモドール社は倒産しAmigaはゲートウェイ社に引き取られながらまた倒産し現在はAmigaを開発した本人の会社に引き取られているようです。(詳細不明)

いい素質を持ったマシンだったけれども不遇だったですな。
ユーザーおられましたら当時のお話を教えてください。
0



2005/10/10  20:54

投稿者:猫が洞 きよみ

80年代 米国でゲームパソコンといえばコモドール64か発展型のコモドール128だったそうですね。AppleIIe/cやIBM-PCよりも安いくせにAppleIIのソフトもCPU同じ石だったこともあり大半が移植されていたようです。日本ではコモドールジャパンがありましたがとうとう普及しませんでした。その外人さんも残念でしたね。

2005/10/10  20:40

投稿者:小狸工房

w先輩が当時勤めていたショップに外国の方が御見えになったときのこと、しきりに
「カマドカマド」
と繰り返されるのですが、それがコモドールのことだと理解できるのには少しかかったそうです。
申し訳ないのですが、そのショップにサポートアイテムの在庫はなく、手ぶらでお引取り願ったのでした。

2005/10/10  3:52

投稿者:猫が洞 きよみ

ウゴウゴルーガ! ぐわー 懐かしい!子供向けのテレビ番組 ウゴウゴルーガ しかしその実態は 大人が見てもにやりとするシニカルなものでもありました。当時番組制作にAmigaが使われているという事でそのポテンシャルの高さが評判になりましたね。

しかしAmiga2000買われたんですか!それはすごい!
私も都合Amiga500と1000を買いましたが 全くゲーム以外には使いこなせずに終わりました。しかしゲームには さすがAmigaと唸るようなものもありました。名前はすっかり忘れてしまいましたが...
モニタを二分割して ワイヤーフレームのジェット機の空中戦(対戦型)ゲームとか マーブルマッドネス、後で他の機種にも移植されてヒットした ポピュラス(プレーヤーは神となり天変地異を地上に起こして人類を統治する?)とにかくカラーを駆使した美しいゲームが多かったです。しかし 振り返ると 散財の二文字が...

2005/10/9  21:36

投稿者:タヌタヌ艦長

ウゴウゴルーガ放送時に、Amigaの存在を知り無謀にもAmiga2000を購入しました。
所有して何が出来たかっていうと簡単な文字が3Dでクルクル回るだけ・・・(苦笑)
システムも理解出来ずに会社に引き取ってもらいました。その後、ビデオトースターを増築してしばらく活躍しましたがいつの間にか立ち上がらなくなってました。しかしサポートもないのは厳しいものでした・・・(^_^;)

http://home.m00.itscom.net/tanutanu/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ