2005/10/22

ホビージャパン1977年第97号  自伝

クリックすると元のサイズで表示します

★いまでこそガンダムプラモの専門誌と化してしまった?ホビージャパン誌。その昔は飛行機、戦車、クルマ等ピュアな模型月刊誌だった。これは模型屋の店先で購入した最初の一冊。松本零士氏の特集が組まれている、77年の9月号は特集二回目だけれども今思うとこの特集がガンダムにつながるキャラクターキットというジャンルの始まりではなかったかと思う。自分自身この本一冊で既成のキットを切り刻み好みの機体をつくりあげるという”改造”という行為を知る。モデラーに目覚めるきっかけとなったまさにモノリス板的な存在なんだわね。表紙の日本機は松本零士氏の作品に登場するフィクションの試作戦闘機。田宮の疾風と零戦、大滝の飛燕を使って組み上げるのだがいったい何機の田宮の疾風や零戦をぶった切った事か?まさにジャンクパーツの死屍累々の有様であった。(でも一機 こさえたよ 表紙の機体)キットを切り刻んでカスタムの機体に仕上げる...パテって何??まさに猫が洞にとっては魔術に見えた。
クリックすると元のサイズで表示します


●1978年 8月号 目玉特集は スターウォーズ。
クリックすると元のサイズで表示します


しかしこの号の本当の価値はこの記事にある。
クリックすると元のサイズで表示します

●絶版プラモ蒐集家の平塚さんちが紙面に登場したのである。垂直離着陸機コレオプテール、ライアンX-13、ディズニーのロケット達、21世紀の今では模型化がほとんどされないミサイル群の数々。見た事もないようなキット達がそこに紹介されていた。絶版プラモコレクターの人々と話をするときホビージャパンのこの記事を差してこの記事を目にした日からキットコレクターへの道がはじまったと語る人は多い。もちろん 猫が洞も例外ではない。


1980年 第132号『スターウォーズ-アゲイン』
クリックすると元のサイズで表示します

●先の松本零士特集から3年を経るとまさにSFプラモが大地にしっかり根を下ろして大好評を博すこととなる。機動戦士ガンダムがスターウォーズと並んで特集に顔を出している。絶版キット記事も目玉記事になりつつある。
クリックすると元のサイズで表示します


今眺めてもとっても罪作りな見開きページ...
クリックすると元のサイズで表示します
これらはもう世の中には存在しない大昔の化石のような博物なのだ...しかしその魅力は数十年の月日が過ぎているにもかかわらず全く衰えていない。すごく魅力的だ。
0



2006/5/16  20:15

投稿者:のろかめ

こんばんは。
表紙の飛行機はこのアングルだとワイバーンそっくりですね。
この改造は「武闘派モデラー」ですねぇ。

http://zyanome.at.webry.info

2005/10/24  16:22

投稿者:猫が洞 きよみ

確かに今風のパッケージになりましたね。
箱絵も時代を反映しますからコレもあきらめましょう。TOSも遠くなりにけりと言ったところですなあ

2005/10/24  9:11

投稿者:タヌタヌ艦長

再販AMTはオークションではチョロチョロと出ているようです。通販ではいくつか出てますね〜

http://www2.famille.ne.jp/~oka-com/pramodel.html

http://home.m00.itscom.net/tanutanu/

2005/10/24  8:26

投稿者:猫が洞 きよみ

再版AMTのはまだ未見ですが オークション探せば出てくるかな?IEでの異常表示問題は解決していません。フレームを以前と入れ替えてしまったのですが全然解決しません。遥か下の方に表示されてしまいます。コレはやはり皆さんの閲覧ブラウザを換えてもらうしかないです。既製品の無料レンタルですから何ともなりません。でもサーバー増強でさくさく反応するようになってうれしいですけどね。

2005/10/23  20:56

投稿者:タヌタヌ艦長

何やらサイトが大変な状態になってますね・・・(^_^;)
それにしてもココ数年のプラモデル精度は良くなりましたが反面、プラモ屋を探すのが困難な時代になってきました。あっても面積の90%がガンプラコーナーのところばかりで寂しいものです・・・
AMTのスタートレック再販モデルも発売されましたがあのパッケージはいかがなものでしょうか?(^_^;)
悲しいー

http://home.m00.itscom.net/tanutanu/

2005/10/23  20:20

投稿者:猫が洞 きよみ

ウン? コメント欄もなぜか 表示がへん?
センターよりに表示しませんか?
なんだかなあ(^^;)

2005/10/23  20:19

投稿者:猫が洞 きよみ

>ミリタリーでの収集家は戦車なりエアキットなりでカテゴリーを特定して集める方が多かったのですが、SF物のそれはむしろその作品のファンの方が関連商品の蒐集の一環として集めていらしたような。

そういわれればそうですね。

ボクは飛行機、キミは戦車、お互い交換しましょう。みたいなカテゴリ分けと言うか住み分けが出来ていましたね。SF物はカテゴリのどれにも入らなかったような。ホビージャパンではこの後 アンティークキットセレクション特集でSF絶版プラブームをあおってしまいましたなあ。他意はなかったのだとは思いますけれども。

2005/10/23  19:53

投稿者:小狸工房

缶で買うと僕の場合風邪を引かせちゃうんだな。

この頃SF物にミリタリーが駆逐されたかのようなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、考え直せば当時ミリタリーの分野が徐々に一時期の勢いを失いつつありましたから、広く「模型」という視点からすれば、空白となったニッチをSF物が満たし且つ爆発的に成長したのはむしろ歓迎すべきエポックであります。
とにかくこの十年でプラモデルそのものの精度が飛躍的に向上いたしました。

スターウォーズ特集のC3-POは、お腹のケーブルを表現するのにプラカラーで染めた撚り糸を植え込んでいましたね。
クリアーレッドの成型色だった目は透明プラ板を筋彫りして作り直していました。
こうした製作テクニックはストレートに影響されたのでよく憶えています。

絶版キットもぼつぼつ話題になりつつありましたが、ミリタリーでの収集家は戦車なりエアキットなりでカテゴリーを特定して集める方が多かったのですが、SF物のそれはむしろその作品のファンの方が関連商品の蒐集の一環として集めていらしたような。

2005/10/23  19:47

投稿者:猫が洞 きよみ

WinやMacのIEでの表示不具合を調整するためにデザイ
ン関連をいじっていましたら元に戻らなくなりまし
た。混乱してしまいました。結果的に根本的な解決に
はなってなくてすいません。Taecupの他のブログにも
IEでアクセスしてみましたがなぜがか正常に表示して
るのですがねぇ 最近Teacup側のメンテナンス前後に
表示がおかしいとの話題が出ていましたがその余波か
もしれません。IEで表示がおかしいとなるとほとんど
の方が使っているブラウザですから困ったモノです。
ネットスケープやサファリ等のIE以外のブラウザを使
われると良いかもしれません。ネットスケープはメー
ルもブラウザと一体ですしHTML編集能力もあるので
個人的にはおすすめなのですが...

2005/10/23  19:26

投稿者:T2

本日厄払いしてきました!

近所の神社でささっとね
ふ〜、やっとしましたつう感じです。
気のもんですが、するのとしないとでは何か違う気が。

平塚コレクションの号は古本屋で買ったかなんかで読みました。
当時すごい人がいるんだな〜と感心してました。
いや普通に古い(50〜60年代のUSキット)キットが買えるとか思ってませんでしたから
それに保管方法も、確か乾燥機とか使ってたような。

ところで白字で大変見づらくなってるんですが。。。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ