2005/10/30

季刊 宇宙船  自伝

クリックすると元のサイズで表示します
★そういえば1980年頃毎号ページや内容がやせ細る月刊スターログとバトンタッチするように登場したのが季刊 宇宙船。この創刊号の表紙の惑星探査用のロボットも衝撃だったが記事に紹介された珍しい真空成形キット(VFkit)は新鮮であった。(稚拙なできなのも親しみが持てる。)カラーページにはシャンプーボトル?の宇宙船が舞う、左ページのマーシャンウォーマシンが欲しくてたまらなかった...
クリックすると元のサイズで表示します


●1981年のVOL5号と思うがこんな記事も見られる。
クリックすると元のサイズで表示します


<蒐集家と呼ばれる人たちは既に居たのである。>
クリックすると元のサイズで表示します
0



2005/11/3  6:38

投稿者:猫が洞 きよみ

>六畳間が「プラモ部屋」になっていて全面キットで埋め尽くされているとか。「生きてる間にやり尽くす」だそうですが、この方米寿、はは(笑)。

趣味に生きる事が出来るというのは本望ですね。最近 家出して一人で暮らそうかと夢想する事が多くなりました。(死んだら海に散骨してもらう)こんなにたくさんおもちゃを持って行けないですが、手塩にかけた猫が洞死亡後おもちゃ達の行く末が気になります。美術館にとってもらおうか?好事家に譲ろうか?ベストな考えがありません。皆さんでしたらどうしますか?売り払って妻子におカネ残すっての話は無しですよ。

半分冗談とも本気ともつかないネタですが

先日 飼い猫(人)に手を思いっきりがぶりと噛まれたことがきっかけになりましたが 久しぶりに自分がへこんでいる事を自覚してます。(へろへろ)

2005/11/2  0:31

投稿者:小狸工房

昨夜はちょっぴり時間が取れたので波のマークの機動歩兵などいじっておりました。
思わず夜更かししてしまいましたが寝ぼけながら組み立てていると下腹部のパネルの接着で塗装面が接着剤で濁ってしまいまして。

一夜明けてから、あー変性シリコン系接着剤で接着してやれば良かったのだと気がつく次第。
他人様には勧めているのに当の本人がその存在を忘れていたという。

四千円ほどのお品で先々月から楽しめるので、プラモデルってなんてリーズナブルな趣味だろうと(笑)。
手持ちのキットを組み立て切るのに何年かかることやら。

余談、行きつけの模型店の常連さんで、六畳間が「プラモ部屋」になっていて全面キットで埋め尽くされているとか。
「生きてる間にやり尽くす」
だそうですが、この方米寿、はは(笑)。

2005/11/1  22:38

投稿者:猫が洞 きよみ

別冊は中身が濃いですよ。
三冊出されていたと思いますがまだ購入前でしたらぜひ本棚においておいてもソンはないですね。

2005/11/1  21:30

投稿者:Dai

別冊も忘れちゃいけませんよね!
本当に夢の本でした!!

2005/11/1  21:28

投稿者:Dai

本屋に走らねば・・・(^^;)。

2005/11/1  3:56

投稿者:猫が洞 きよみ

そうでしたねぇ。
私もマーシャンウォーマシンの図説にはモデル製作時にお世話になった口です。創刊2号を改めて見てみましたらアンティークおもちゃが巻頭でサンダーバードのフォトストーリーがありました。しかし遅くまで起きておられますなあ。(てか 自分こそ今早朝四時前ですが)

2005/11/1  2:35

投稿者:小狸工房

とにかくあの図説イラストが毎号楽しみで。
メーサー車の動作原理だとか轟天号の内部構造だとか実にもっともらしく書かれているので大好きです。
創刊2号はサンダーバード基地の特集でしたっけ。

あの当時は絶版プラモも一部店舗にとってはやっかい者のデッドストックだったりしたものですが。
ミドリのアトラスが最終生産でした。
3セットぐらい買い込んで遊び倒したものです。
先日ギァボックスだけがジャンクで出品されていましたが軽く3k円を越えてましたね。

2005/11/1  1:48

投稿者:猫が洞 きよみ

季刊という事で毎号 じらされるてるようで発行が楽しみでしたよね。自分の場合はVol22まで本棚にありますがそれ以降は立ち読みで買う事はありませんでした。アンティークトイやプラモのページもその後ありましたがいかんせん見開き一ページの分量では大枚はたかせる気にはなりませんでしたねぇ。

2005/10/31  21:47

投稿者:珠恵

宇宙船は、私にとっても「夢の王国」でしたよ!
マンガ少年別冊と宇宙船が無ければ、今ここに私は居ませんね〜(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/btykj542

2005/10/31  21:28

投稿者:猫が洞 きよみ

最近の本はおまけがつくのはいいけれど中身が見られないからいやなんですよね。1000円もするし。ヴィレッジバンガード(書店)はその辺よく考えていておまけ付の本を買うとおまけはレジでもらえるようになっています。中身が見られないと購買意欲が大きくそがれますね。中身確かめたい消費者心理ありますよね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ