2006/2/22

マンテル大尉の搭乗機ってこれかなあ?F-51H?  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★買いそびれていたり品物を目の前にしながらなかなか踏ん切りがつかなかったりした品が誰でもあると思う。猫が洞の場合 それがこの飛行機でした。猫が洞の第二格納庫収蔵品としては発売年度は新しいは、スケールは1/48だわって事でいままでみかけても買う事なくきてしまいましたが店頭でも見かけなくなってきたし気まぐれで落としてみました。この間発売された新しいキットと思ったらなんと20世紀の後半の西暦が書かれていました。(-_-;)自分が意外や意外未来にきちゃった事に唖然。時間の経過の早いのにも唖然。●キットは飛行機プラモデルでは超定番の P-51ムスタング の最終生産型Hタイプ。P-51A/B/C/D/kはそれこそ星数ほどスケールも豊富に発売されるなか最終型のH型はほとんどキットに恵まれなかったのですがチェコのメーカーが出してくれました。(すごく過去形)実機はレシプロ機の限界ってゆーかほとんど究極に到達したレシプロ戦闘機だったのですが太平洋での戦争が終わってしまい新しくジェットが台頭する中 超高性能でありながら活躍の場がなく僅かに州空軍の予備役あつかいで生産機数も少なく生涯を終えてしまったらしいです。リノのエアレース出場機のベースにでもなれば天下無敵って気がしますがベースがH型のレーサーというのは聞きませんね。退役後は全てスクラップだったのかもしれません。(もしくはどっかの国に売却か?)
クリックすると元のサイズで表示します
●あとはオーロラかホークあたりのキットと並べてみたいです。オーロラやホークのムスタングがでてもなかなか人気があるようで入手難易度が高いです。なんといってもH型が現役の頃の発売ですからねぇ。

<ところで UFO追いかけてバラバラにされてしまったことで有名なマンテル大尉搭乗機はF-51Hだったのでしょうか?>誰か教えてください。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ