2006/6/25

LISA修理のDr,T氏との会話  コンピューター

クリックすると元のサイズで表示します
★変りわりすぎてしまった 大須の街を嘆きながら当時を知る人と濃い時間を過ごしてきました。LISAの修理もたのもしい!!

文脈を目でスキャンして脳内補完してください!
うまくいけば猫が洞とDr,Tの濃い二時間半の会話をあなたも脳内再現できるかも?
(て 無理?)

とにかく あー 楽しかった 古いコンピュータと業界の話 古い玩具等 
三拍子そろえてはなせる人にはなかなかおりません。おかげで蜂蜜のように濃厚な時間が過ごせました。
0



2006/6/27  23:23

投稿者:猫が洞 きよみ

ちょうど ゼネプロとか海洋堂等のガレージキットがブランドとして一般化してきましたので日本切手もアペンディクスとかいうブランドを立ち上げたたのですが、その頃から行かなくなりました。

アペンディクス=虫プロ 

そう 手塚治虫作品、アトムみたいな作品が専務の趣味らしくそれらの模型化を思い立ったらしいです。

私は 手塚治虫作品のウエットさやガメラの子ども向け映画が だい嫌いでしたので自然と足が遠のいた訳です。

2006/6/27  22:55

投稿者:ヨゴロウザ

なるほど地下に入れてもらえなかった理由が分りました。それで切手だったんですね。

http://dungeonmaster.blog.ocn.ne.jp/weblog/

2006/6/27  22:10

投稿者:猫が洞 きよみ

地下室は Nゲージやミニカーや本当に切手があったよ
うに思います。どれも興味を引かなかったので 地下
に行く事はなかったですけど。(^^;)

2006/6/27  21:56

投稿者:ヨゴロウザ

そうでしたか、私が行ってた頃は珍しい物があまり無かったですが、それでも楽しめました。おじさん、おばさん元気でしょうかね?

あの店の地下室を探検したかったです(笑)

http://dungeonmaster.blog.ocn.ne.jp/weblog/

2006/6/27  21:35

投稿者:猫が洞 きよみ

ヨゴロウザさん 出入りされていたのですね。
私は1977年頃から20才越えた頃まで通っていました。
当時は 一時にたくさんプラモ買うので あの おば
さんが もみ手で迎えてくれました。専務も当然 若
かったです。3年ぐらい前に まだあるかしらと い
きましたが 専務は老いまして 店も昔の活況とは全
く正反対にしなびておりました。在庫は うれないも
のばかり、通っていた頃は マルサン商店のM-41
ウォーカーブルドッグやら東京プラモのセンチェリオ
ン、モノグラムの1955年B-26など 絶版キットが定
価か少し高く値をつけて売りしていました。オーロラ
のフライングサブの初版も並んでいました。(欲し
かったが高くて買えなかった。)いい店でした。

文字の羅列の中から 読み出していただき 書いた私
も非常にうれしいです。

2006/6/27  20:16

投稿者:ヨゴロウザ

15,6年前に仕事の関係で瑞穂区に住んでまして近かったのでチョロチョロと某切手模型店?に出入りしてました。もう長いこと行くこともないですが、あの頃が懐かしいですね(笑)


http://dungeonmaster.blog.ocn.ne.jp/weblog/

2006/6/27  1:04

投稿者:猫が洞 きよみ

ttp://yaplog.jp/kuroyagi_z/daily/200606/25/

トラックパッドの概念が未だに分かりません。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ