2006/11/29

今度は  爆導索 ていいな。  自伝

クリックすると元のサイズで表示します
★LDをトリニトロンブラウン管で再生できる環境をつくったので ストックLDを観てます。でも生涯で買ったLDは10枚足らずなのね。

画像は ガンダム0083 ジオンの残光 スターダストメモリー より。

で DVDはどうかというと この4~5年ぐらいの間ですでに30枚ぐらい。LDはプレーヤー買った時から換算すると約20年かかって10枚だもんね。いかに映像メディアが手軽に安くなったかという事。中古LDソフトを叩き売り100円で買うという選択もアリなんだけど取り回しが大変なので躊躇あります。

そのうち映像サーバーが家庭に入る込むから おたおた してると 古メディア ヲタと呼ばれそう。 

ある友人曰く 猫が洞の逆を選択すれば将来の業界標準仕様 だよな(男) 等と... 
ほんとに口の悪い奴がいます。
0



2006/12/1  7:33

投稿者:猫が洞 きよみ

MPEG1でやってましたが視聴後には何故か満足しない。なんでだろう?とおもったらやはり画質がちらちらして無意識のうちにストレスになっていたんですね。やはり順当にDVDを買ってリプレースして行くのが自然なのでしょう。また将来DVDから別のメディアへと同じ事が繰り返されるのでどーしても欲しい作品だけ買う事にして 流しの作品は買わないというのが品を増やさない事かもしれjません。先日の引っ越しの時にVHSビデオテープ大量に処分しました。うる★やつら とか マクロスとかの初回放送とか再放送とか...いまとなっては懐かしいCMも含まれていたはずですが思い切って資源ゴミにだしました。思い切り良くするのも物の呪縛から逃れるには方法がないのかもしれません。

将来観るとかなんとかは私の場合は結局みない場合が多いです。

2006/12/1  6:22

投稿者:machn

みなさん同じ苦労をされてるようですね。マメにLD->DVD化を進めている知人がいますがキャプチャーの画質には満足してないようです。で、キャプチャーしたLDはどうするか・・・ジャケットがお気に入りだったりして処分できずDVDが増えていくだけ。

2006/12/1  1:07

投稿者:猫が洞 きよみ

シェイクスピア??ですか?
ググればいいものを(^^;)
でも 昔はLDたかくて そんなポンポンかえませんでした。DAICONのLD 映らなくても残しておけば良かった。と今更ながら思います。

今日買ってもらったDVDは スーパーサイズ ミー

あの ハンバーガーを食べ続けると健康に何か起きるのか?といった 題材の奴ね。レンタルで観て興味深かったから おねだりしました。

2006/11/30  21:21

投稿者:小狸工房

一番肝心なのはただの一枚。

イルジィ・トルンカの「真夏の夜の夢」です。

いずれあれこれ合わせても二十枚足らずではなかろうかと。

2006/11/30  8:14

投稿者:猫が洞 きよみ

>良かったらソックリさし上げますのでそちらで活用してください。

うわー 重そう! 本棚の板がたわみそうですね。
興味は惹かれますがどのくらいあるのですか?

2006/11/30  8:10

投稿者:猫が洞 きよみ

machnさん ども、私は大昔のbe-taとかLDをHDに入れて保管しようと考えましたのでCaptyTV(FireWire)とか大容量のHDとかまで買い込みましたが結局CMカットや映像編集をするのに異常に時間がかかるので結局お蔵入りしています。そう考えるとすなおにキャプチャーに使った時間とお金でDVD買った方がはやかったという事が分かりました。(笑)パイオニアのLDをオーバーホールに出したらやはり数万円かかり中途半端にお金かけてしまいましたからやっぱHDレコーダー買った方が良かったてことになってしまいました。 (とほほほ)

2006/11/30  6:19

投稿者:machn

一時期、LDをキャプチャーしてDVDへ焼いたけど、画はイマイチだし手間ばかりかかって・・・なんてことをしてたら、DVDが発売されたりツタヤでレンタルできたりして、すっかりLDを再生する機会が減ってしまいました。まだ再生してないソフトもあるんですが、機械が調子悪くなってきて再生が危うい状況です。

2006/11/30  1:17

投稿者:小狸工房

戦艦とやりあえるデンドロビウム。

ニュータイプでもないコウがあれほどの装備を振り回すのにはどれだけ神経をすり減らしたことか。
返す返すも蒸発してしまったシーマ様が惜しいです。たゆんたゆん。

それより僕のほうこそ残ったソフトはどうしよう(笑)。
良かったらソックリさし上げますのでそちらで活用してください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ