2005/4/21

宇宙時代というのはいつからだったっけ...の巻  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

★久しぶりにお買い物、超スピーディな送り主でありました。
その丁寧な梱包のしかたから毎日のように箱状のものを包む仕事をしていたのではないかと類推してしまいます。(イメージ的には昔の模型屋のおじちゃん&おばちゃんの仕事を思い出す。)箱に貼ったガムテープもすっきりきっちり”いい仕事”こんな送り主に出会うとうれしいですわ...
クリックすると元のサイズで表示します

■箱にも印刷があるようにKKマルサン製です。1968年12月以降のKKマルザンをあらためて調べてみたら1969年には再び事業をしだしたようです。キットは白色のモールドでそつなくつくられています。果たして猫が洞が親類の子供から譲り受けた組み済みアポロ11号月着陸船はkkマルサン製だったのか?
■月面着陸イベントに前後して実際の宇宙機に影響をうけたデザインがSF映画やSFテレビにも登場する事になります。この宇宙船もその一つ(と思う。)
クリックすると元のサイズで表示します
映画の冒頭、湖から船の頭を突き出した格好で見ている人の度肝を抜きました。映画の有名なシーンですね。猿の惑星のフィギュアプラモも出てましたのでひょっとしたらこの宇宙船のプラモも発売されたかもしれませんが(出てない方に一票)がちょ−んとイカすデザインでしょ。

■月面着陸の前は人工衛星を軌道に乗せるのが人類の目標でした。勢いのある時代でしたね。箱絵にそれが現れています。
クリックすると元のサイズで表示します

▲ストロンベッカー社1950年代半ばのプラモデル、サテライトランチャー
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ