2007/3/17

In fact, there is it one more...  プラモデル

実は もう一つあるんだ。。。

クリックすると元のサイズで表示します
★すでに伝説化して久しいマルサン怪獣シリーズの珍獣一体を捕獲しました。比較的ショップにも並ぶ事が多い奴だと思いますけど現物手にしたのは初めてです。
クリックすると元のサイズで表示します
▲中身はよくいわれるように がらがら 箱をより大きく豪華に見せるための工夫でしょう。当時の人気怪獣の筆頭だった?事が伺い知れます。

クリックすると元のサイズで表示します

ほら バッテリーウルトラマンと並べても箱のでかさよ!でも実際には完成品の怪獣プラモは箱よりずいぶん小さくなってしまうので、がちゃがちゃと遊ぶためにはブリキウルトラマンぐらいの体格だとちょうど良い大きさです。当時ブリキウルトラマンと怪獣プラモ並べて動かしたお坊ちゃまは何人いるだろうか?プラモウルトラマンもブリキ体格であれば十分歩行する事が出来たでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
▲プラモのウルトラマン引っ張りだして並べてみるとカネゴンよりさらにでかい箱だという事が確認できます。ウルトラマンプラモはマルサンウルトラ怪獣シリーズの中で一番どれにも負けないぐらいでかかった...

しかしこんなのが ごそっ!と玩具屋さんの倉庫からウブアウトしたら腰がぬけます。でも コレクターであればそんな 腰が抜ける体験 というものをしてみたいですね。(^^;)
クリックすると元のサイズで表示します
▲全国にはまだどこかに埋もれているのかも知れませんね。それこそ カネゴン(金山の意味)です。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ