2007/6/10

Microsoft-Excel Ver1.00 for Macintosh  コンピューター

クリックすると元のサイズで表示します
★世界で最初のExcelを取り寄せてみました。マニュアルとサブマニュアルのセットにフロッピーディスク二枚の構成。
クリックすると元のサイズで表示します
おそらく本当は紙製ボックスの外装パッケージにマニュアルや関数やら何やらの分厚い本がはいりさらにシーリングされて売られていたのだとおもう?(すくなくとも日本語版Ver1.02はそうだった。)
クリックすると元のサイズで表示します
▲マニュアルの図を注意してご覧いただきたい、一枚のフロッピーにMacの起動システム+Excel+Word+Swicherが収まっている。(Swicher...ソフトウエアの文字通りスイッチャー)例えばWordでテクスト,Excelで表とグラフ,Macpaintでフリーハンドの挿絵を描く。21世紀の現在ではあたりまえだが1986年当時それぞれ独立したアプリ間でデータを共有して一枚のドキュメントを作る事はMacの十八番(おはこ)画面にあるものがそのままプリンターから打ち出された。メモリにアプリを常駐させる都合上、本当に真価を発揮したのは512kbものメモリを積んだMacintosh512kモデルもしくはメモリを1Mb以上もつんだMacintosh plusからだったけれども。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ