2007/6/15

初期アメリカのロケット  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★たわむれに取り寄せてみました。当時 アメリカはソビエトに宇宙開発で大きく遅れを取り焦り気味、うかうかしてるとソビエト熊公が地球をくるくる回りながら宇宙から原爆を落としにくるからです。プラモの箱絵が新聞記事のようでこってますが開けてみると 棒状のロケットがもそっと入ってるだけで どうせ買うなら 発射台までついた ジュピターC にしとけば良かったと少々後悔(^^;)入手したのはマルサン/ラベール版。レッドストーンロケット自体戦後米国に渡ったフォンブラウンらのチームの開発だそうです。(画像はV-2号と仲良くそろいぶみ)
0



2008/5/29  20:06

投稿者:猫が洞 きよみ

ロケットコレクターさん こんにちは。最近コメント欄の利用者がとんとなので気がつきませんでした。ロケット、ミサイルのプラモは箱絵に促されて買う品が多いのですがロケットコレクターさんはどうでしょうか?

2008/5/26  11:21

投稿者:ロケットコレクター

発射台がつくレベル社のマーキュリーアトラスではロケットは鉛筆のようなオマケです、ドラゴン社のv-2は1/35のようにある程度の大きさがないと魅力に欠けます.長征ロケットくらいないと感動がないです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ