2008/3/9

マーク・フリント  コンピューター

当時から鬼ゲー天才プログラマーと評判でしたが25年も経ってなにげに検索して衝撃をうけました...なんと日本人でした。

>マーク・フリント
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マーク・フリントは、日本のプログラマである。ちなみに、れっきとした日本人である。
システムサコムに在籍し、「ZONE」や「ハイウェイスター」などの名作を生み出した天才プログラマである。


知らなかった いまのいままで ずーっと 天才外人プログラマーと思い込んでいますた。98は買ってないので実際プレイはしていないが 3Dシューティングゲーム ZONE  でそのスピードにのけぞり 椅子から転がり落ちたゲーマーの話は 伝え聞いている!


ZONEもいいが ムーンボールやりたい!(セッ●スよりもしたい!)
クリックすると元のサイズで表示します
▲パソコンワールド誌 1985年11月号から。

当時を知る手がかりは ZONE マークフリント のワードで検索エンジンにかけてみましょう。

とにかく この1984年とかのこのあたりの年は マイコンは8bitから16Bitに はたまたMacintoshが発売されたりと大変動が起こった年でもあり こんな凄い時代をジカに体験していないということは犯罪に等しいとボクは思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ