2005/6/23

妖怪の巻  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★83年頃に購入して以来 手放す事なくコレクション棚においてあります。箱天面の絵柄もユーモラスでプラモデルのパーツもくみ上げるとまさに”ねずみ男”ニットーがプラモデルを止めてしまった今となっては再版は期待できないでしょうが(といいながら箱替え版を見た気がしますが...メーカーが移籍したような?)”ねずみ男のプラモデル”と言えば大昔のイマイのマスコットキットがあったものの、当時はたまたまクジの景品で”買えなかった”くやしい思い出があるのです。このキットはそのクヤシさを十分補完するほどの魅力を兼ね備えたキットだと思います。箱天面に貼られたシールによるとお祓いずみらしいんですが本当かなあ?
▼とかいってましたら(7/12)手に入りました。箱も非常な美品で驚いています。少しぐらい年月の重さでくたびれていた方が逆にリアルなのですが状態からして長く保管状態の良い倉庫に入っていたのでしょう。クジでなければ手に入らなかった ねずみ男が今手に入りました。新旧並べてみても箱絵のユーモラスさは変りませんね。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2005/6/30  18:23

投稿者:猫が洞 きよみ

いまでは模型作るのに天然成分の接着剤が出てるそうですね。塗料までそうなったら ひょっとして私もモデラーするかもしれません。すごい世の中ですね。
でも いつ組み立てるのか? というのは永遠の命題ですねぇ。 

2005/6/29  22:40

投稿者:小狸工房

僕はとりあえず、一度は開封してモールドや分割を確認してふむふむなるほどなどと一人で納得してみます。
物によると中帯取っちゃったものもあったりして、後で冷静になって後悔したりもしますが、なーにいつか自分で組めば良いと開き直ります。
けど「いつか」っていつなんでしょう?(笑)。

2005/6/28  23:44

投稿者:猫が洞 きよみ

先日 行きつけの模型屋さんで 砂掛けばばあ が残っていました。インスト見ると1994の数字がありました。メーカーのところは まる に は の文字がありましたよ。 新興メーカーからの再版だと思いましたが童友社でしたか。
皮膚病のモールドには気がつきませんでした。
買ってからこのかた 開けた事がなかったもので。(爆)

2005/6/28  23:12

投稿者:小狸工房

童遊社から再版されていましたね。僕はそれのねずみ男だけ購入しました。今でも持ってます。
わざわざ別パーツになっている○○ポも傑作でしたが、体表の皮膚病までしっかりモールドされているのには大笑いしました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ