2008/6/24

飛行機のDVD  プラモデル

★過渡期の飛行機に興味もつ猫が洞ですが 小一時間楽しめました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

フェアリーデルタの飛行シーンはうれしかったなあ。

でもこのてのDVDで 当たりは バンダイビジュアルの エドワーズ空軍基地 シリーズだなあ。

あれは いいものだ。
0



2008/6/29  7:22

投稿者:猫が洞 きよみ

私も 松本零士の戦場漫画で育ちました。(笑)エルベの蛍火の巻もまだぼろぼろになってますが本棚にあります。航空ファンの記事で読んだ事がありますがMe262は一から現代の技術で作り上げられ市販されてるそうですね。(複座もあり)さすがにエンジンだけは現代のものだそうですが...エンジンナセルのかたちが違うので少し残念です。Me109の復元作業を一冊の本にしたのもモデルアートから出てましたっけ?フォッケのほうは 初耳です。私は過渡期の試作機がすきなので食玩とかの組済みは買いませんがプラモデルたちは買ってしまうのですよ。SFチックな彼らが好きなのです。

2008/6/29  0:00

投稿者:モビリオ

追加です。
そういえば、以前、You tubeでレストア(?)したMe262の飛んでいるビデオを見ました。ドイツではフォッケウルフも確か復元している(というか、現代技術版でしたっけ?)しで、悪い意味じゃなくていいですよね。某国は、トホホですが。

2008/6/28  23:55

投稿者:モビリオ

Me163にMe262ですよね。かっこいいですよね。松本零士氏の漫画(エルベの蛍火でしたっけ?)の記憶が強いです。Me262は私はどちらかというと夜戦型(B-1a/U1)の方が好きです。なぜかドイツの飛行機は夜戦型の方が好きなんですよ。
特に、レベル(1/32)のBox artはお気に入りの一つです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ