2021/10/21

F7F タイガーキャット  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

モノグラムの タイガーキャットが 二千円 とな!

脊髄反射で落札してしまいましたが 未開封ですよ。

日本のKi-83と並べられたらいいなあ。



2021/10/16

AURORA Flyingsub  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します


★ここを更新するのはもう数ヶ月に一回になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
まあ プラモデルを保護したら載せることにします。
ご存知 フライングサブ 1975年当時倒産寸前の再販時期のものです。

eBayでもめっきりみなくなって取り寄せると邦価で\15,000は送料別ですると思います。

再販されたり復刻されたりしてフライングサブですがバリューは昔ほどではないよう?

日本国内でAurora社のファクトリーシールあり状態でしたからおもわず保護しました。
残ってはいますがプラモコレクター老人会の皆様の収納庫に死蔵されて

あまり市場には出てこないのでしょうね。

でもね オーロラ社なんですよ。それが5000円なんですよ。

1975年ごろプラモ屋さんで売られていた金額と多分大差ないんですよ。

切ないなあ。


リンク先ですが  2005年にも フライングサブ 記事載せてますね。


プラモコレクターの憂鬱(猫が洞の第二格納庫Autopage版 改題) - teacup.ブログ“AutoPage”

↓↓↓
このプラモデルは外国(オーロラ)製なんだぜ!海を見ろ!の巻 |


2021/7/26

新しいメーカーからでたスピンドリフト号  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

約10ヶ月ぶりの記事更新となります。

最後の投稿あたりからMacintoshのレストアにかまけていましたのでプラモがお留守になりました。

市場チエックをしてないわけではないのですが欲しいものはすでに100万円クラスのもので、買えてない。

今回のスピンドリフト号、Amazonに発注かけたのが昨年の10月頃。

その後度重なる延期通知に忘れかけてて突然 昨日配達されました。

ブログ形式もオワコンなので更新しても仕方ないのですが これからどうしようかな?

_:(´ཀ`」 ∠):




2020/9/2

Z-TON (キャストキット)  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲ 長いこと 更新が滞っておりましたが 久しぶりにキットを買いましたのでご紹介しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

▲禍々しい Z-TON です。 

ソフビ製の「ACRO ZETTON」も持っていたんですけど(過去形)これは原型は同じで材質を 

レジンキャストに代えて抜いたキャストキットになってます。

クリックすると元のサイズで表示します

▲箱開けたら 壮絶に プチプチ巻いてあるので 

剥がすことができませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

▲オリジナルの造形とは違いますがアレンジ造形されてます。


クリックすると元のサイズで表示します


▲そもそも ソフビ材質の完成品も予約完売状態だったようですから

それをレジンキャストで抜いたものはトイショーなどの限られた会場でしか販売されなかったもの。
(2017年のワンフェス会場)その他会場。

一回が30個として生産は全部で多くとも100個ぐらいではないのかな?と予測します。 

とにかくまあそんな数があるものではないでしょうからしばらく手元に置いておきましょう。

武漢ウィルス感染症のこの世の中 それレアだ!鬼レア!だあ とおもちゃを買う経済環境でもないのですが

みなさん 無病息災 であられますようにお祈りいたします。



ACRO ZETTONを紹介した過去記事は 

こちらから → ACRO ZETTONソフビ

2020/5/17

現存していたバQの ウォーマシン  プラモデル

毎日 Twitter してますが ある日 以下の投稿がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

▲ひとの手と比べると こんな感じ、大きさがわかる画像

隣というのは  大昔の 季刊 「宇宙船」

クリックすると元のサイズで表示します

の 読者交流欄に 伝説の「タロス」が掲載されていたのですが

クリックすると元のサイズで表示します


タロス立像の隣を見ると VFキットが...

それが 猫が洞製のものではないのか?

クリックすると元のサイズで表示します

という 投稿だったわけですよ。

驚いたことに Twitter を通じて 組み済みでの現存が確認されたわけですね。

この世界にまだ残っていたわけです。三十個ぐらいプレスしたのか五十個か?

プラ板代だけ切手か郵便為替で受け取り後は自作のVFマシンを使い ハンドメイドプレス。

プレス機と原型は後年の火事で失われました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲コレですな 週末を使い 探して見ましたら 組み済みプラモの箱から出てきました。

熱線アンテナ?FRP樹脂ですから脆い。

クリックすると元のサイズで表示します

▲量産されたキットは 熱線部分だけが付属していたはず。

クリックすると元のサイズで表示します

▲ どや! 40年ぶりの邂逅 で タロスkitと現物を並べて見る!

多分 この光景を再現できるのは 世界で自分だけですな〜 

以上 はるか昔の 昭和の出来事でした。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ