2010/10/10

Be BOX キタ〜〜  コンピューター

クリックすると元のサイズで表示します

★おおお まさかのBe BOX PowerPC133Mhz 双発  1997年頃かなあ Apple社をスピンアウトした フランス人幹部が起こした会社の製品、初期にハードとして売り出されたのが Be BOX "Be"のロゴは ワープロソフトで5分でデザインしたよ...てどっかの本で書いてあったな。このマシンも希少種で後にBe社がOS販売会社に特化したのでたしか2年ぐらいで全モデルが生産中止になってしまった。

元オーナーによるとPowerPC133Mhz後期モデルは800台ぐらいだという。

当時 日本では ぷらっとホーム、五州貿易、アミュレット なんかで売り出されてました。

Be社のBeOS 一時は次世代MacOS候補にあがったようですがNeXTOSに破れて今に至ります。
Be社創設者のジャンルイによると”(Apple社の)タマはつかまえた あとは締め上げるだけだ。”の言葉どおり採用寸前だったようです。しかし多国籍言語の対応やMacに対応させるにはさらにコストがいるためMac採用は断念されたもよう。

デザイン的にパソコンらしくないフロントですが 後面はDOSパソコンに近いごちゃごちゃしてます。
キーボードやマウスはDOSパソコンの汎用のものが付属してきました。

そこのところが美しくないので非常に残念。

猫が洞邸には つなげるモニタがない(笑)ので動作させる事ができません。MPUの付加によって正面のインジケーターがチカチカ光るのですが 見られないです。

クリックすると元のサイズで表示します

横にしたとこ↑ まるでクアドラシリーズをほうふつさせる。

画像撮影後 梱包された段ボールに再度おさめられて 再び眠りについています。


これもさー ウルトラマンが売れた事で気が大きくなって購入しちゃった訳ですが(^^;)しかたないねぇ。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ