2012/10/14

1986年当時のモデルグラフィック誌  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

★少し前に 紹介しました S.I.D衛星の当時記事を発掘しました。
クリックすると元のサイズで表示します

記事を読んでソッコー通販希望の往復はがきを送りましたがとうとう返事は来ず。

クリックすると元のサイズで表示します

今こうして記事を読むと 猛烈に欲しくなったりしてきます。1986年の古い雑誌の香りを嗅ぎながらまだ大学生だったなああのときは...とか しばし時間をさかのぼる。

手元にあるS.I.Dのキットは組立て説明書にコトブキヤとあるので ここに紹介されてる製造会社のものとは違いますが形状から同一のゴム型ではないかと思います。おそらく製造元からコトブキヤに販売が移ったのか?と推測します。でもS.I.Dの模型てないのよね。イギリスから取り寄せたあの大型の奴とこれぐらいしかないのではと思います。おまけ系はのぞいて。




2013/10/17  21:53

投稿者:猫が洞 きよみ

あび様 そうですか!ボックスアート 見たかったですねぇ。原画紛失とは残念でした。 しかし UNCLのデカいキットより こじんまりした スタジオIDOに由来するコトブキヤSIDのキットのほうが好きですよ。
コンピューター衛星 ということで 地味だったのか なかなかキットに恵まれずインジェクションキットで欲しいですよねぇ。 インターセプターや なぜか トランスポーターをプラモにしてバンダイがSIDをラインナップに含めなかったのは今にしてみても残念です。 失われた原画はセイカノートのSIDみたいな ボックスアートだったんでしょうねぇ。おしいいなあ。

2013/10/16  23:45

投稿者:あび

猫が洞 きよみ様 コメントへの回答ありがとうございました。プログ内のSIDに関する記述すべて拝見しました。UNCL製の大きなキットは前から興味がありましたので機会があったら入手してみます。
さて、再びコトブキヤのキットについての補足です。スタジオIDOで製品企画していた当時は最初のオリジナルキットということで力が入っていたようで、ガレージキットには珍しくボックスアートをつけようということになっていました。私からの要望で、バンダイ製の謎の円盤UFOシリーズのプラモとおなじように小松崎茂氏のようなタッチの絵ということで、お弟子さん筋の方に発注し、地球と3機のUFOをバックにした見事なSIDの絵が出来ました。しかし、コトブキヤからの発売に変更となった段階で原画紛失というアクシデントがあり、結局幻のボックスアートとなり、味気ない文字だけのパッケージとなってしまいました。
また、版権もとの東北新社に申請していた時点で、他にも商品化を検討しているところがあるとの情報があったのですが、のちにアレフゼロ製のチョロQ動力に対応したディフォルメ版SID(バキュームフォーム製プラキット)であることが判明しました。
新たに作りたいものの、写真資料などは当時とあまり代わりが無く、スタジオプロップ取材や、より高精細な写真などの資料集めが必要だと思っています。

2013/10/14  0:40

投稿者:猫が洞 きよみ

ブログ内 検索機能を使って S.I.D とか シド とかのワードで検索すると引っかかると思います。リンクの「プラモのブログ(絶版)」のブログにもおそらく イギリス製のでかい シド の入手の顛末 が書かれてると思いますので ご覧になってくださいな。

2013/10/14  0:29

投稿者:猫が洞 きよみ

あび様 貴重な情報をコメントいただきとてもうれしいです。SIDは テレビ放送当時 キットを待ちわびながら最後まで発売されませんでしたので モデルグラフィック誌で紹介された当時は飛び上がるほどうれしかったのを昨日のことのように思い出します。 やはり販売の時点でコトブキヤにかわったのですね。

手元に有るのはeBayで落札した 海外産のSIDと記事の寿屋の二種です。あと イギリスで近年発売されたデカいサイズのSID。小さい方は コトブキヤのコピーかも知れませんね。 リアル指向の原型師の方でしたら失礼かもしれませんが バンダイのインターセプターばりに ゼンマイで走るSID(動力系はBOX形式で分離)が出たら買います。 もちろん 精密SIDならもっと買います。ニーズは有ると思いますけど どうでしょうか?

2013/10/13  23:13

投稿者:あび

はじめてコメントさせていただきます。ご推察のとおり、コトブキヤのキットと雑誌作例のキットは同一のものです。ガレージキットの成形会社であるスタジオIDOが自社オリジナルのキットを企画した事がきっかけで、雑誌作例は発売前のテストショットを組んだものです。その後、発売元がコトブキヤに変更となりワンダーフェスティバルで発売されたのが最初かと思います。海外製と思われるキットを所有されているようですが、コトブキヤが海外向けに作って輸出したという話は聞いたことがないので、コピー品の可能性が高いと思われます。(インストの絵などコトブキヤのものを切り貼りしているようですし)
現在、スタジオIDOは解散してしまっているようですので音信不通はやむを得ないところでしょう。
最後になりますが、私が原型を製作しました。手元には作例となった完成品と、気泡だらけのテストシヨット1組しかないので、以前からコトブキヤのキットを探しています。25年も経っているので、そろそろもう一度最初から作ってみようかとも考えている昨今です。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ