2013/2/10

ボトルプレーン いわゆる 航空瓶!?  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★HACKENBACKERさん のボトルプレーン。私がたまたま 昨年の静岡モデラーズフリマ で見かけたのが始まりのご縁となりました。船は昔からボトルシップがあるのに飛行機を瓶詰め(ボトルプレーン)とは かわいいです。飛行機は飛んでる姿が本来ですもんね。空間を切り取って部屋に飾れるなんて 
おしゃれだなあ。(^_^)

掲載させてもらったのは ミーティアに片翼をヒョいとひっかけられて”あれ〜”となるV-1飛行爆弾くん。無人だし飛行制御装置も方向ジャイロぐらいしか積んでないのでいったん飛行姿勢を崩したら元に戻れず墜落なんですね。投稿いただきましてありがとうございます。以下HACKENBACKER氏の解説とともにお楽しみくださいね。 
クリックすると元のサイズで表示します

航空瓶(Bottle Plane Series)
第28便 JET Battle

ジェット機は第二次大戦初期に実験機が初飛行し、戦時中に英独とも戦闘機部隊(英 Meteor / 独 Me262)を実戦配備するまでに至りました。で、この両軍のジェット戦闘機間で史上初の空中戦があったと思いきや、史上初のジェット機同士の交戦による初戦果は1944年の本日(8月4日)Meteor による、飛行爆弾V1の撃墜になります。ドイツの飛行爆弾V1は通常のターボジェットより構造が単純なパルスジェットと呼ばれるジェットエンジンを搭載した世界初の巡航ミサイルで、1944年6月13日にロンドンを初空襲して以来英空軍の悩みの種でした。ジェットに追いつくにはジェットしかないというわけで、イギリスはV1の迎撃にMeteorを投入しました。初戦果は機銃の故障により、翼端で相手の翼端を弾いてひっくり返して墜としたのです。


Gloster Meteor F.1 v.s. Fieseler Fi103 V1”Buzz Bomb”   Scale 1:144
 by A.B.C.(Airplane Bottlers Company/CEO HACKENBACKER)



【撮影後記】
この作品、元々タイトルはPETボトルを一文字もじって、JET Bottle とするつもりで、「PETボトルにジェット機を入れればいいや」と安易に考えて始めたのですが、じゃぁ代表すべきジェット機は…というところで思案に暮れました。 アイデアが出ないときは「世界初」というのがヒントになったりするのですが実験機じゃぱっとしないしね。それならもう一文字もじって、BottleもBattleにして、英独初のジェット戦闘機同士の空中戦を…と思ったのですが、史実は両軍のジェット戦闘機間に交戦記録はなく、史実の行き着くところでこの2機のシーンになりました。史上初のジェット戦闘機同士の空中戦は朝鮮戦争における米ソ間に於いてになります。

さて、動機からしてこれはPETボトルに入れなきゃ意味がない。果たしてこの2機の雁行飛行が収められる程大きなものがあるものか…ありました。EARLY TIMES のYellow label 1750ml 一見PETボトルには見えない大型ポケットボトル型。 なので奥行きは狭いけど、その分幅があってなんとか収まりました。



2013/2/12  6:31

投稿者:猫が洞 きよみ

そっかそっか 食玩はたいてい1/144ですよねぇ。私は食玩はスルーしてますがいまおもうと ドイツの超兵器(飛行機)でてますよね。

2013/2/11  16:55

投稿者:HACKENBACKER

1/144のV1はいわゆる食玩です。He162とのペアで手に入れました。He162の方はまた別の作品に登場しています。

2013/2/11  9:38

投稿者:猫が洞 きよみ

60瓶も作品があるのはすごいですね。保管が大変そうですが1/44の飛行機プラモはそんなに出てるんでしょうか?V-1号の1/144てありましたっけ?最近のプラモ事情にはうといのですけれどもね。

2013/2/11  5:52

投稿者:HACKENBACKER

ご掲載頂きありがとうございます。
この航空瓶シリーズ、第1便の Bottle of Britain から数えて60便ほどになりました。当初5,6便もつくればネタ切れになると思ってたんですけどね…(笑)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ