2013/9/14

宇宙戦艦の建造  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
作りさしのヤマト(1977年再販)を眺めてたら ふと

”作っちゃおうかな!”

そんな思いが頭をもたげる休日の午後。(^_^;)



数年ぶりにプラモ作りやってみますか...(^_^)
クリックすると元のサイズで表示します
まずは道具を用意しましょう。見渡してみるとナイフはあるけど接着剤がない。アマゾンでは間に合わないのでリアル店舗にGO〜。今回はタミヤセメントの一番小さいやつで十分十分。”FOR PLASTIC MODELING”だってよ 笑

クリックすると元のサイズで表示します
宇宙戦艦の建造には かかせない 蒲鉾板(模型屋の帰りにスーパーマーケットに立ちより買ってきた。)つまりは工作台として使います。



でわ 30年の時空を超えて オペ開始します。(^_^)
クリックすると元のサイズで表示します
この間オークションで落札したままだから まずは箱を開けてみましょう。ざらっと パーツをチェックすると一部 パーツが失われていたりします。
クリックすると元のサイズで表示します
ゴムのタイヤが一個と金属バネが失われてるね。ふむふむ。
クリックすると元のサイズで表示します
ご存知 当時のヤマトは波動砲口からミサイルがスプリングの力で ビューンと飛び出すギミックがあったのですが今回 長い年月の果てにそのスプリングが失われていました。対策として手元にあったボールペンのスプリングを使おうと思ったのだけれども 直径がほんの少し大きくて これが波動砲ミサイルの薬室に入らないのよ。しかたなく ギミックは断念しなきゃならなかった。まあ新品のボールペンを一本つぶさなくてよかったともいえる。目に当たったら失明の可能性が高いしね。
クリックすると元のサイズで表示します
手始めにこいつから...カッターを入れます。キキキキー、ブツッ!! コレクターとしては葛藤の瞬間。
クリックすると元のサイズで表示します
甲板に主砲を据えてる図。すっぽ抜けないようにパッキンをはめ込みセメントを点付け。

説明書の順番通り 第一、第二 主砲から甲板に取り付けます。
クリックすると元のサイズで表示します
おお いいねぇ いまにも 三式弾をぶっ放しそうだ... 甲板のドームはいまじゃ 自動航法装置てゆーんだっけか?
お次は...船体。
クリックすると元のサイズで表示します
仮組してみると とんだ じゃじゃ馬!噛み合わせ悪くずれまくり。船体パーツにはホゾ、ダボがなくて位置決めが難しい。

クリックすると元のサイズで表示します
仕方がないので180番のペーパー上で胴体をやすって平滑を出します、コレで少しはまともになるでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します
ざっと ですが はめ合わせをチェック!

クリックすると元のサイズで表示します
とりあえず 小さいやつからくみ上げてみましょう。 コスモゼロ52型とアナライザー。100式偵察機は部品失われていました。まあ おまけだから いいや。
クリックすると元のサイズで表示します
いまじゃ 貴重な全金属製のゼンマイ動力波動エンジン機関部!?
クリックすると元のサイズで表示します
ここがかっこいいんだよなあ 艦橋構造物を一気にくみ上げ!元のオーナーが半分までくみ上げてましたからおいしいとこ持っていかれてます。

さあ どんどんいきましょう。秋の日はツルベ落とし。日が短いから。

クリックすると元のサイズで表示します
ここが例の船体の出っ張り。ゼンマイ動力部が収まるボックス部 当時リアル指向のモデラーたちに 必ず切り取られた箇所なんだけれども...今となっては『何もかも皆懐かしい...』


クリックすると元のサイズで表示します
波動エンジン機関部の擦り合わせ。

クリックすると元のサイズで表示します
船体張り合わせ。 船の形になってきた。飛行機モデラーいうところの 土の字状態。


クリックすると元のサイズで表示します
できた! 作業時間は一時間半ぐらいか?
ゴムタイヤがないので走行はできないがとにかく タミヤセメントが乾くまで 一晩枕元において寝ましょうね。

作りさしだからこそ組み上げることができました。 お譲りいただいた元オーナーさんありがとうございます。
あのとき(小4生)のヤマトが いまここにあります。 

クリックすると元のサイズで表示します

小学校の一時期 緑商会のU.S,Sエンタープライズ号とバンダイのヤマトを一緒に持っていた時期があるのよ。
こうして並べて 大人の今では 酒の肴にしている。(^_^)



2013/9/25  23:58

投稿者:猫が洞 きよみ

モデルグラフィックスの記事は たしか1/350の宇宙戦艦ヤマトが発売された当時 ゼンマイ走行のヤマトをバンダイの人が組み立てる過程を記事にしたものが載っておりました。
後に ヤフオクで完成品は出品されて落札されました。

2013/9/25  23:56

投稿者:猫が洞 きよみ

こーすけさん ありがとうございます。
工作はとても楽しかったです。船体を貼付けてギ装もする過程でも写しておきたかったのですが 楽しくて写真をとる間がありませんでした。いきなり出来上がったように見えちゃうのが残念。 さすがに未開封の新品をばりばり作るのはできませんがお手つき品のレストアならお気楽に作ってもいいのではないでしょうか?
ヤマトをお譲り下さり感謝しております。

2013/9/25  22:06

投稿者:こーすけ

遅くなりました
ご連絡有難うございました。
ついに作ったんですね〜。
今、こうして見るとなんだか味がありますね。
後ろのモデグラの記事かなり気になります^_^;
もう、古いプラモはあまり無いですが、作りかけ完成さてようと思うこの頃です。
また、遊びに来ま〜す。
ありがとうございました。

2013/9/15  20:02

投稿者:猫が洞 きよみ

飛鳥さん どもです。
今日も(ブログまたはTwitterをみた)友人がきてくれまして ゼンマイ ヤマトをさかなに楽しい時間を過ごせました。当時 ヤマトの立体ものは コレしかなくてそれはもう500円のキットにも関わらず ほんとに大事にしたものです。最後は庭で焼いてしまいましたが買ってから最後までを記憶している数少ないプラモの一つです。

飛鳥さんちのは たしか office academy 印紙ですから つくっちゃだめです。

2013/9/15  15:19

投稿者:飛鳥

当時中学生で、玩具っぽいのが嫌だったんですが、今見ると断然この色と形状がいいですね。
ウチのも作っちゃおうかなあ。

http://blog.livedoor.jp/godzitoraman/

2013/9/15  7:36

投稿者:猫が洞 きよみ

やはり 当時は玩具の域を出なかったから 船体の青はアニメのオープニングのイメージそのままですね。赤は青に映える色ということで必然だったのでしょう。とにかく 絶版プラモ作ったったった。ふー。

2013/9/15  0:33

投稿者:T2

ひゃあ〜!
凄い(@_@)
当時作りましたが
激しい色分けですね(笑

2013/9/14  22:25

投稿者:Dai

良いんですね〜〜。
成形色があmた、いい味出してます!!

http://blogs.yahoo.co.jp/tagamedai

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ