2013/9/18

宇宙戦艦の亜種 シド:ミード  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★宇宙戦艦ずいているので 買ってみました。90年代の作品で知ってはいたものの気がついたら企画が打ち切りになっていた黒歴史のYAMATOです。いまでこそYoutubeでコソコソみることができますが当時はLDとかレンタルビデオの全盛にも関わらず手にとることもありませんでした。最果ての星で見つけた戦艦のデータディスクを元手に少年少女らの手で戦艦が建造されるなんて聞いただけで萎えちゃう。
クリックすると元のサイズで表示します
模型屋の店頭でこの箱みたときは何とも薄っぺらなと感じたものです。でもまあ デザインはブレードランナーのデザインで有名なシド:ミードですからそう思いながらながめてみると悪くない。
クリックすると元のサイズで表示します
この艦橋付近の造形はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
箱を開けるとこんな感じのカラー印刷物が出てきます、この裏が組み立て説明書になっていますがパーツはこんないかにも低予算で作りましたと言わんがばかりのやる気になさです。
クリックすると元のサイズで表示します
 宇宙戦艦YAMATO 第18代目 にしてはもう少しお金使ってもらってもよかったんではないかな?
組み立て説明書をみると1995の数字がありますので発売はその頃でしょう。

最後に初代ヤマトの箱と並べてみましたが...
クリックすると元のサイズで表示します
デザインセンスが全く違うのは一目瞭然。まー百歩譲ってロボットアニメの母艦としてでも登場したらまたかわっていたのかもしれませんね。

将来 初版のYAMATO2520プラモとして 高く売れるなんてことはおそらくないでしょうが そうなることを夢見て。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ