2014/4/5

海洋堂 1/12  クロトワ  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★”蟲使い”に続いて 海洋堂のGK クロトワ です。
先の”蟲使い”のパッケージはカラー化粧箱ですが クロトワについては茶色柄箱の色気もない 汎用箱が使われています。まあ生産時期の違いからくるものでしょうが やはり造形に傾注するあまりパッケージにはお金をかけないというか?おかげで こんなバランスの商品になったんだと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんと クロトワですねー。

クリックすると元のサイズで表示します
抜きがよいので 仮にベースにおいてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
組み立て説明書は部品図をかねていて B5ぐらいのコピーが入っています。30年の歳月が紙を茶色に変質させてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
これで 彩色職人さんにでも 色彩を施せば すげークロトワになるのでしょうが 私のところにある限りはそのチャンスは永久にないでしょうね。これからも初期海洋堂の造形資料として保存したいと思います。(飽きたら処分ね。)



2014/4/7  19:35

投稿者:猫が洞 きよみ

たしか当時 HJ広告などで見ているはずなのですが海洋堂なので 半ば無視しておりました。(パッケージも地味だし)

”蟲使い”と”クロトワ”は すばらしい造形ですのでしばらく手元においておきたいと思います。

次ぎにくるのはOld 食玩でしょうか?100万円とか?高値になるのかな?

2014/4/7  16:46

投稿者:Dai

ガレージキットになってたんですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/tagamedai

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ