2017/4/17

ミサイル時代の始まり  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
ひどい雨の中で荷物が到着しました、開けてみますとV-2号です。
クリックすると元のサイズで表示します
当時のプライスシールがついてて工場からのシュリンクも破れていない。
クリックすると元のサイズで表示します
このV-2号 はるか昔にもコレクションにしていたことがあったけどもヤフオクであまりにプラモが売れるものだから勢いで売り飛ばしてしまったことがある。でもまあ今回はシール付きだったからな、探してもないんだわシール付きは。で輸入しました。
クリックすると元のサイズで表示します
静岡で海洋堂のセンムさんのコレクションが(四万個のプラモの山)展示された時に 本当の隅っこにV-2号ロケットがありました。それがファクトリーシール付きでね、数十年経っても破れていない品を羨ましく思ったのが始まり。このV-2号は思ったより古くはなくて箱には1972年と書かれている。40年は経過してるのだがそれでもシールは破れていない。この宇宙の終わりまでこの状態で残っていてもらいたいもんですね。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ