2017/6/3

メビウスモデルのスピンドリフト号  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
★先のFlash Gordon宇宙船を見ていたらなぜか勢いでメビウスモデルのスピンドリフト号を組み立てたくなりファクトリーシールにナイフを入れて開封しました。
クリックすると元のサイズで表示します
開けて見ると鮮やかな オレンジが眩しい!
クリックすると元のサイズで表示します
プラスチックのランナーゲートすらスピンドリフト号のキットのものだと思うと美しく見えてくるから不思議だ
クリックすると元のサイズで表示します
テープで部品がばらけないようにして固定(モデラー専門用語でKARIGUMI!)大きさは ミドリ商会のスピンドリフト号(小)の方が一回り大きい。(そうなんだわ。知ってるんだ。)

クリックすると元のサイズで表示します
手にとって見ると大昔 プラ板骨格にポリパテ盛り上げてスクラッチしたヤシとは大違いで正確だ。小さいし部品点数も少ないのでプラモを組むというストレスも小さいくて助かった。もうこのキット自体は手に入りにくくなってきてるし大きなスピンドリフト号はもう見なくなった。絶滅寸前のそんなキット開封してしまいましたよ。

さて これから こいつをどうしようかな?1/128スケールで小さいんだけどLED発光させたいな。(なん年かかるのだろう?)



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ