2018/3/24

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
★本日です、リニューアルオープン ということで 朝から出かけてまいりました、JRと名鉄を乗り継いで約2時間強で少々疲れましたが...
野外展示もYS-11をはじめたくさん展示してありましたが疲れもあってそそくさと館内に。このての博物館は敷地が広いので歩くだけでバテてしまいそうです。この日は春日和で家族連れがたくさんいました。
クリックすると元のサイズで表示します
小牧と同じでここも展示機を見下ろすことができるように二層構造建てになっています。
クリックすると元のサイズで表示します
展示機の中で目玉の飛燕です。ジェラルミンの無塗装は息を呑むぐらい美しい。女性のオールヌードを見ているようでした。
クリックすると元のサイズで表示します
液冷エンジンのせいでスマートでホンコレ 美人さん。もう何枚撮影してもキリがない、iPadで連写しました。ただ見物人が引いた時を狙わないといけませんな。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
▲ダイムラーベンツDB601をチューンした国産のハ 140
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
T-2 CCVテスト機 この子に会いにきたのですよ。ずっと憧れでしたからね、もう飛べないのかなあ?F-1が引退してしまったのだから時代ですね。
クリックすると元のサイズで表示します
帰りがけに 買わないはずだったのに 気がつくとレジに並んでしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します
飛燕二型のプラモは持ってないですからね。タミヤのも買ったことがないし。やはり中身はファインモールドの製品のパケ替えでした。ここでしか手に入りませんからな。貴重な機体が日本で保存されるのは費用も手間もかかることと思います、皆さん是非見学に行きましょう。

気が向いたら画像もスライドショーの動画を作ろうと思います。



2018/3/27  22:06

投稿者:猫が洞 きよみ

枯れた技術を使うというのは理由があるんですね。お土産コーナーは館に入ってすぐにあります。もちろんファインの飛燕だけではなくてタミヤ他のメーカーの飛行機も売ってました。タクシードライバーに聞いたらおそらく平日はガラガラでしょうとのことでしたし最寄り駅から4キロ離れたところにあります。訪問の際はタクシーか自家用車の方がいいかもしれませんよ。(タクシーはタクシー会社に電話しないとつかまりません。)

2018/3/27  6:56

投稿者:SWIFT

>フライバイワイヤの制御プログラムですか?
そうですそうです。当時既にフロッピーはあったんですが「適用する技術は実用化
されて××年経過した技術である事みたいなしばりがあって、紙テープ使うんだ」
と当時聞きました。ホストでアセンブラ書いて紙テープに出力→機体から下ろした
制御用コンピューターにロード、ってやってました。冬に紙テープからロードして
たら、パチッとか静電気が起こってロードし直し、なんて笑い話も。

かがみがはら航空宇宙博物館、そのうち行きたいと思ってます。ファインの飛燕、
箱換えとは言え、そこに行かないと買えないお土産キットって良いですよね。

2018/3/26  20:41

投稿者:猫が洞 きよみ

SWIFTさん、ようやくT-2/CCV会ってきましたよ。フライバイワイヤの制御プログラムですか?隣にはブルーインパルス塗装のT-2も並べてありました。

2018/3/26  7:07

投稿者:SWIFT

T-2/CCV、懐かしい機体です。
端っこの方でちょこっとだけ関わってたのは、もう30年!以上前ですが・・・。
T-2/CCVは、制御プログラムをロードするのに、なんと紙テープを使ってたんです。
当時ですら古くなったテクノロジーで、最新の研究機を飛ばすというギャップ
に驚愕した思い出が(笑)。

2018/3/25  11:12

投稿者:猫が洞 きよみ

そのとおりで、見学に行きましょう。駅から会場まで 4キロほどありますのでタクシー呼ばなきゃですよ。

2018/3/25  10:25

投稿者:T2

リニューアルオープンいいですね〜
いつか行ってみたいと思います(^^)
日本はこういったところがほぼ無いに等しいですから
まぁ維持費にお金かかりすぎるからでしょうけど
国がしっかりと保存すべきですよね

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ