2009/10/11

ヤマダ UボートX-102  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します
▲山田模型お得意の 紺のインクの組み立て説明書です。
クリックすると元のサイズで表示します
▲初版の箱絵はもっとレトロチックですが これは後期箱とでもいえる時代のものではないでしょうか?おそらく昭和47年とか昭和50年代初頭あたりか?改造されて現在の製品になったのは童友社に金型が移管されてからなんでしょうか?クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ