2019/1/16

ミドリ商会エンタープライズ(小)50円サイズ  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

▲ミドリ商会 USSエンタープライズ号(小)1980年代当時はその存在がまだ確かめられておらずトレード先からの交換リストにその名を見つけた時には驚愕しました。恐る恐るリストの持ち主に電話をかけてみると希望価格は5万円、しかしすでに先約済み。

5万円なんて気が遠くなるような金額、どうしようもない。

(まあこの頃はすでに血祭氏はマルサン怪獣を数十万で売り買いしていたのですがね。)

あれから 40年近く経過の今日 また同じ金額で買う自分が居ました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲ ほら このビシッと決まった箱のエッジわかりますか?しびれますね。

クリックすると元のサイズで表示します

▲ほら こっち側のエッジもビシッと決まってシビレますね。

クリックすると元のサイズで表示します

▲裏側も まるで カートン箱から出したばかりのようですね。キャラメル箱の状態から「カートン箱ごと発掘」されたのではないかと思いますが真実はわかりません。このぐらいエッジの効いた キャラメル箱 エンプラ(小)を持ってるのは 安斎レオ氏、岡田斗司夫氏、小田雅弘氏 あとは市井のコレクターさんでしょうな。(曖昧な表現 笑)

落札して出品者さんから「カートン箱の情報を得る」だったのですが 連絡がないので本当のところは謎です。

カートン箱が見たいです。


▼2015年にも 一個 捕獲して居ました。 クリックで飛びます。




2019/3/7  20:32

投稿者:魚座

子供の頃に作りました。お気に入りでした。
懐かしい。

2019/1/18  23:27

投稿者:猫が洞 きよみ

たぶん、カートン箱出てた と予想たてたんですがそのあとの情報ないので 残念です。安斎レオ氏も 3個 未組み発掘の際の状況は忘れてしまった、そうですから 残念です。

2019/1/18  12:24

投稿者:Dai

カートン箱で出たぐらいの美品ですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/tagamedai

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ