2009/10/25

分杭峠(ゼロ磁場パワースポット)  自伝

クリックすると元のサイズで表示します★人体にとても良好な気エネルギーがおおいに噴出している場所と聞きましたので気にあたりにいってきました。(中国や台湾では気が吹き出すところを 龍穴と呼ぶらしいが ちょうど日本のそんなところなのだろうか?)

クリックすると元のサイズで表示します気場と呼ばれるその場所に一時間ぐらい寝転がっていれば人体にエネルギーが吸収されるということなのですが気エネルギーは水にも容易に転写されるらしく...湧き出る水を採集して持ち帰るのがブームらしいのです。

こんな山深いところなのにクリックすると元のサイズで表示します

早朝にもかかわらず ものすごいひとだかりでした。クリックすると元のサイズで表示します
猫が洞が帰るころには車ですり替わりもできない山道を大量の他県ナンバーの車がおしよせておりました。

わき水をわざわざ汲まなくても飲料用にしたものを駐車場で売ってますのでそれを購入した方がよいかもしれません。(ゼロ磁場水)


ゼロ磁場空間がさっそく人体に作用したのか水は飲んでないのに帰宅途中から帰り着くまでに急におつうじがよくなりました。この調子で金運もよくなってほしいです、はい。

帰りに立ち寄った 地元の食堂で聞いたら 地元の人はパワースポットなんてぜんぜん知らなかったんですが(笑)

最近テレビで放送があったらしくその後いきなり毎週すごい人だかりの有様だそうです。

(もともとは中国の風水師が発見したという。)


またわき水は飲料用ではないので雑菌の心配もあり沸かさないといけないみたい。(現場ではそのまま飲んでた人もいたが...)

日本の中央構造線の真上にあたるので 断層がせめぎ合い ゼロ磁場 と呼ばれる特殊空間が生まれるのだそうですが その辺りのことはネットで調べるとたくさんヒットしますので皆さんそれらを参考にしてください。

果たして実際に体験してみたい方は 平日を狙うか週末なら朝の7時には気場に到着していないと渋滞にはまるでしょう。

猫が洞は早朝6時に出発し現地に午前9時頃到着、水くむのに2時間かかり途中昼食、夕食とりながら帰宅して夕方6時にはもう家でブログ更新してます。なんにしても早く出かけるのが一番ですね。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ