2020/5/17

現存していたバQの ウォーマシン  プラモデル

毎日 Twitter してますが ある日 以下の投稿がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

▲ひとの手と比べると こんな感じ、大きさがわかる画像

隣というのは  大昔の 季刊 「宇宙船」

クリックすると元のサイズで表示します

の 読者交流欄に 伝説の「タロス」が掲載されていたのですが

クリックすると元のサイズで表示します


タロス立像の隣を見ると VFキットが...

それが 猫が洞製のものではないのか?

クリックすると元のサイズで表示します

という 投稿だったわけですよ。

驚いたことに Twitter を通じて 組み済みでの現存が確認されたわけですね。

この世界にまだ残っていたわけです。三十個ぐらいプレスしたのか五十個か?

プラ板代だけ切手か郵便為替で受け取り後は自作のVFマシンを使い ハンドメイドプレス。

プレス機と原型は後年の火事で失われました。

クリックすると元のサイズで表示します

▲コレですな 週末を使い 探して見ましたら 組み済みプラモの箱から出てきました。

熱線アンテナ?FRP樹脂ですから脆い。

クリックすると元のサイズで表示します

▲量産されたキットは 熱線部分だけが付属していたはず。

クリックすると元のサイズで表示します

▲ どや! 40年ぶりの邂逅 で タロスkitと現物を並べて見る!

多分 この光景を再現できるのは 世界で自分だけですな〜 

以上 はるか昔の 昭和の出来事でした。




2020/5/17  23:15

投稿者:猫が洞 きよみ

コメントありがとうございます、完成品といえども残っていたのは衝撃でした。
自分がこれを出した後にゼネプロからも出ました。パッケージを完備したのはあちらの勝ち!ゼネプロの成形法は違ってましたねぇ。

この後 うる星やつらのUFO やら考えたんですが大抵は資料不足で形状を捉えられずに このVFキットtpしてはこれ一作だけになってしまいました。 

キャスト成形は宇宙怪獣ガイガン、木型まで進んだのは モゲラ、原型は全て友人が作りましたが宇宙船別冊3D ワールドで紹介された際には自分の名前だけ出てしまい (友人には)悪いことをしました。

2020/5/17  22:30

投稿者:Dai

川口氏キットと同じぐらいに貴重なものですよね。
希少価値で言えば、猫さんのウォーマシンの方が上でしょうね。

当時、買ってい置けばよかったです(>、<)
川口氏のウォーマシンは買いましたが(^^;)

https://392puramo.blog.fc2.com/

2020/5/17  20:44

投稿者:T2

凄い!これはマジで凄い!
あの時代にこれを出したのは本当に凄い歴史ですね〜

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ