2021/7/26

新しいメーカーからでたスピンドリフト号  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します

約10ヶ月ぶりの記事更新となります。

最後の投稿あたりからMacintoshのレストアにかまけていましたのでプラモがお留守になりました。

市場チエックをしてないわけではないのですが欲しいものはすでに100万円クラスのもので、買えてない。

今回のスピンドリフト号、Amazonに発注かけたのが昨年の10月頃。

その後度重なる延期通知に忘れかけてて突然 昨日配達されました。

ブログ形式もオワコンなので更新しても仕方ないのですが これからどうしようかな?

_:(´ཀ`」 ∠):






2021/10/16  19:33

投稿者:猫が洞 きよみ

通りすがり 様

過疎ブログを訪問くださりうありがとうございます。
昭和30~40年のプラモこそ至高であるので最後の
正義の存在となってもここは残してゆきます。

2021/10/16  11:31

投稿者:通りすがり

時々拝見しておりましたが、プラモデルコレクションのブーム世代交代で低迷していますね!
もう、若い世代の人は昭和のTV番組も見た事が無いでしょうし、その年代、遊んだ人たちもボチボチ旅立たれておりますね!
同じ模型が人手に渡り、繰り返し見かけます。
それを見ると、侘しく感じます。

2021/9/15  6:31

投稿者:猫が洞 きよみ

たしかにAMTエンタープライズ号の再販で店頭で見かけた時はオーラを放って光って見えましたね。1980年代初頭だったかなあ。40年前のそのお店に2000年代の初めに再度行ってみたことがあるのですがものすごい寂れようでまるで 倉庫状態。
売れないプラモで溢れていたのがさびしかったです。

2021/9/10  22:28

投稿者:魚座

どうやって入手したのかは覚えていません。
通販だったかも?

あの頃、プラモ屋さんには恵まれていたかと思います。
スケール系をやりながらもSci系やキャラ系にも力を入れていた模型屋さんが有りました。

初めてAMTのエンタープライズを購入したのもその店です。
ミレニアムファルコンやらシグナスを初めて見たのもそのお店です。
ファルコンは球数が多かったのでその後に入手出来ましたが、シグナスはオークションで大変でした。

ゼネプロのバキュームフォームキットも売っていたので、ひょっとしたらそこで購入したのかも知れません。

2021/9/4  7:46

投稿者:猫が洞 きよみ

あの当時GPのVFキットは80年代の田舎ではもう手に入らなかった
オーロラのスピンドリフト号の代わりとして渇望を癒す役割を果たしてくれました。
あれから40年近く経過してますが自分も20世紀の終わりごろにeBayで60年代SFコミックプラの残骸を多数手に入れましていまだに衣装ケースで眠らせています。

2021/9/3  22:00

投稿者:魚座

普通に考えるとポーラライツの金型なのでしょうね。

作くって眺めたいけど、飾る場所がもう有りません。
遥か昔に作ったゼネプロの小さいバキュームフォームキットを飾っています。

2021/8/19  6:52

投稿者:猫が洞 きよみ

魚座さま 箱は開けないので永遠にわかりませんが
おそらくポーラライツと同じものと考えています。
オーロラのオリジナル金型が残っていて磨き倒して
成形したとしてもつくるにしては中身は大きく変わらないとおもいますので。
実際はどうなのでしょうか?いずれにせよ短期生産だと思われます。

2021/8/17  16:48

投稿者:魚座

これの広告を見た時はポーラライツの金型でも使ったのかな?と思ったのですが、しきりにオーロラを強調していますね。オーロラのレプリカ?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ