2021/10/16

AURORA Flyingsub  プラモデル

クリックすると元のサイズで表示します


★ここを更新するのはもう数ヶ月に一回になってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
まあ プラモデルを保護したら載せることにします。
ご存知 フライングサブ 1975年当時倒産寸前の再販時期のものです。

eBayでもめっきりみなくなって取り寄せると邦価で\15,000は送料別ですると思います。

再販されたり復刻されたりしてフライングサブですがバリューは昔ほどではないよう?

日本国内でAurora社のファクトリーシールあり状態でしたからおもわず保護しました。
残ってはいますがプラモコレクター老人会の皆様の収納庫に死蔵されて

あまり市場には出てこないのでしょうね。

でもね オーロラ社なんですよ。それが5000円なんですよ。

1975年ごろプラモ屋さんで売られていた金額と多分大差ないんですよ。

切ないなあ。


リンク先ですが  2005年にも フライングサブ 記事載せてますね。


プラモコレクターの憂鬱(猫が洞の第二格納庫Autopage版 改題) - teacup.ブログ“AutoPage”

↓↓↓
このプラモデルは外国(オーロラ)製なんだぜ!海を見ろ!の巻 |




2021/10/22  6:31

投稿者:猫が洞 きよみ

魚座 様

猫が洞は フライングサブを買ったことはあっても組み立てたことがないのです。
外人さんから落札したオーロラの残骸は大切に残してあります。
オアシス ですか、、、嬉しいです。
この年代のプラモを扱うサイトは20年前に比べて更新されて生きてるサイトはたしかに少なく感じますねぇ。

2021/10/20  21:26

投稿者:魚座

あぁ、フライングサブ。
格好良いですよねぇ。

自分は単体は買った事が有りません。
緑の付属位しか作った記憶が有りません。

童友社で再販したシービューは当然買ったのですが・・・

スリットが気に食わずにパテ埋めして掘り直そうと放置していたら
ポーラライツからオーロラ版が出てしまったので童友社版は放置です。

自分にとっては、ここはプラモ系Webのオアシスの一つです。

無理しない範囲で続けて頂けたら嬉しいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ