2020/11/19

ワクチン効かないと思います  

とうとう日本はアメリカの
製薬会社から
コロナワクチンを
購入したらしく

日本人の65歳以上
中心に 無料で
打ちますよーーーって

おいおい 無料でも
毒を薄めたものなのだから
副作用は ゼロではないと
言うし もし死んでも
文句は言えないらしい

だれが 打つかよ‼‼

2020/10/23

外国製じゃなく日本製にすべき  

北里大学
感染制御研究センターの
花木秀明センター長は

抗寄生虫薬
「イベルメクチン」について、

新型コロナウイルス感染症の
治療薬として1年以内の
承認申請を
目指す考えを明らかにした。

日本で開始されれば
アジアで初めてになる。

新型コロナ感染症
治療薬については現在優先的に
□□□□□□□□□□□□□□□
審査を受けられるため、
□□□□□□□□□□□
申請後6カ月以内に
承認を得られる可能性がある。

イベルメクチンは

寄生虫感染症の治療薬だが、

エイズウイルス(HIV)や
デングウイルスへの
効果が報告されている。

ウイルスの遺伝子である
リボ核酸(RNA)の複製や、
たんぱく質生成を阻害する作用が、
ウイルス感染症への効果に
つながっている可能性があるという。

イベルメクチンは
全世界で広く使われており、

大きな副作用は確認されていない。

イベルメクチンは、
寄生虫によって起きる
「オンコセルカ症」
の治療に使われる。

オンコセルカ症は
目のかゆみや発疹などが生じ、
失明に至ることもある感染症で、

イベルメクチンは現在でも

年間約3億人に投与されている。

イベルメクチンのもととなる

化合物アベルメクチンの発見により、

同大大村智特別栄誉教授は
2015年、ノーベル賞を受賞した。

新型コロナ感染症の
治療薬を巡っては、

米ギリアド・サイエンシズの
■■■■■■■■■■■■■
抗ウイルス薬「レムデシビル」が
国内で初めて承認を得た。

他に、富士フイルムの
抗インフルエンザ薬「アビガン」や

中外製薬の
関節リウマチ治療薬「アクテムラ」
が臨床試験を実施しており
早期の治療法の確立が待たれる。

2020/10/21

中国に筒抜けの会議内容  

そもそも、日本学術会議は

「学問をする場」ではない。

「科学者の意見をまとめ、
国内外に対して
発信する日本の代表機関」
とある。

つまり、
学者各人は大学や研究機関、
自宅などで思う存分、
自由に学問・研究をする。

その中の、
業績秀でた人たちが集まって
政府に

「勧告」「答申」「提言」をする場。
それが日本学術会議のはずだ。

★だから、
同会議の会員になろうが

なるまいが、
学問の自由に何ら影響はない。

学者出身として
知られる静岡県の
川勝平太知事などは、
「学問の自由」
弁法をふりかざし、

揚げ句、
「菅(義偉)総理の
教養レベルが露見した」
とまで言って、

首相をこき下ろした。

2020/10/20

韓国での被害の話  

2009年10月19日、
インフルエンザワクチンを
接種した65歳の女性が、二日後
、腕と脚の筋力が
低下する症状が発生した。以降、

この女性は、
ミラーフィッシャー症候群の
診断受け、入院治療中、

吸引性肺炎が発生し、
2010年2月に死亡した。

ミラーフィッシャー症候群は、
運動能力を喪失する
稀な末端神経病だ。
この疾患は
原因がはっきりしていない
自己免疫性神経疾患
で知られている。

患者は脳神経の一部に
障害が生じ、眼球の動きを
助ける外眼球筋力が低下し、
物が二重に見えたり、
めまいを訴えていた。

疾病庁は「死亡した女性は、
インフルエンザワクチンを

接種する前、特別な
基礎疾患はなかった」
と説明した。

18日現在の
インフルエンザワクチン接種後、
報告された副作用は、
今年合計353件である。

このうち17歳男子高校生が

死亡した事例が1件

2020/10/4

ワクチンは 絶対ではない‼  

ワクチンは戦略物資です。

日本政府は交渉下手。

国産ワクチンが
うまくいけばいくほど、政府が
海外からワクチンを買う時の
条件が良くなる。

もしも国内で1億人分確保できれば

海外ワクチンは

たたき売り状態になる」 

ワクチン接種でも
再感染の可能性

治験の第3相試験において
有効性を見極めるためには
ある程度の感染が
蔓延し続けることが前提であり、
今の日本の
感染状況では難しいのだという。

 これに加えて、もう一つ
大きな問題があると
指摘するのは、国立感染症研究所

インフルエンザウイルス研究
センター長の長谷川秀樹氏だ。
ワクチンにはそもそも

感染防御できるものと
重症化を防ぐものがある。

呼吸器ウイルスにおいて、

感染防御できるワクチンは

これまでになく、

さらに終生免役を

獲得できるワクチンも

今のところないという。

2020/10/4

新 がん治療  

有力な治療法がない
「再発頭頸部がん」に的を絞り

2015年に米国で
臨床試験実施を申請。

2017年には日本でも申請した。
臨床試験は
日米同時並行で進んだが、

2019年、「アキャルックス」の
前身となる化学物質が日本で
「先駆け審査指定制度」の

対象品目に指定されたことで、
日本での審査期間が
12ヶ月から
半年に短縮された。

「条件付き早期承認制度」を
利用できたことも開発を早めた。
国も光免疫療法の
実用化を全力で後押しした格好だ。

日本で実施された
第1相臨床試験では
手術、放射線療法、プラチナ製剤による

化学療法の
治療効果が不十分であり、
標準的な治療の選択肢がないと
担当医によって
判断された患者3名に
施術した結果

2例で部分奏効が認められた。
この結果、
世界に先駆けて
日本で承認を取得した。

「先駆け審査指定制度と

早期承認制度がなかったら、

ここまで早く
実用化にはたどり着けなかった」
(三木谷氏)

2020/10/3

楽天が がん治療の世界へ  

がん腫瘍は
がん細胞とがんを助ける細胞(悪玉)と、
がんと闘う細胞(善玉)
のミックスチャー。

既存の三大治療法
(手術、抗がん剤、放射線)は

その一切合切を取り除くやり方で、

がんと闘う細胞まで痛めつけてしまう。

光免疫療法は
体の毒にならない化学物質を使って、

がん細胞だけを狙い撃ちにする。

攻撃と防御を両方行える治療法だ」

善玉細胞を残すので
患者の体への負担が少なく
治療後のQOL
(生活の質)が低下しにくい

2020/9/29

日本政府が日本人を殺す  

ダイヤモンドプリンセス号
コスタアトランチカはアメリカCIA、
DS、イルミナティが日本で
コロナウイルスを
拡散させるために
差し向けた豪華客船でした。

コロナウイルス対策として
アビガンが推奨されていますが、

アビガンは副作用として
不妊、催奇性があります。

つまりアビガンを打つことで
さらなる人口削減が
行われるということですね。

アビガンを製造する
富士フィルム傘下の
富山化学は戦後にヒロポン
(覚せい剤)を製造して
大きくなった会社です。

富士フィルムもCIA、
イルミナティ傘下機関
だということですね。

ジョンソンエンドジョンソンも
コロナウイルスのワクチンを
開発すると言っていますが

ジョンソンエンドジョンソンは
2019年も男性の乳房が
女性化するなど副作用が
とんでもない統合失調症のクスリ

「リスパダール」を売りさばいて
全米で訴訟を起こされ

北米で
発がん性のあるベビーパウダーを
販売していた

レムデシビルも同様です。

レムデシビルを開発した製薬会社の
ギリアド・サイエンシズの
会長をしていたのは
ブッシュ大統領の国防長官
だったラムズフェルドさんです。

ラムズフェルドさんは
イルミナティ、ディープステイト、
軍産複合体の大物として知られています。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ギリアド・サイエンシズの

筆頭株主は

ビルゲイツさんです。

またレムデシビルは
フランスやアメリカなどで
副作用報告が相次いでいます。

レムデシビルもアビガンと同じく
不妊、催奇形性の副作用が
指摘されているので、

レムデシビルも
人口削減ワクチンだということですね。

2020/9/28

薬害エイズ・子宮頸がんワクチン  

薬害エイズと
子宮頸がんワクチンは同じ。

細菌兵器です。

子宮頸がんワクチンが
安全とか言ってる人は
薬害エイズが安全と
言ってた医者や
厚労省と同じなんです。

薬害エイズも安全だと
言うエビデンスは
あると言われていました。

しかし実態は1800人もの
エイズ患者を生み出しました。

子宮頸がんワクチンも
何万人という被害者を
生み出し続けています。

太平洋戦争もやる前は
アメリカに勝てる勝てると
メディアも
政府も言っていました。

子宮頸がんワクチンが
安全とか言ってる人は

ミッドウェー海戦で大敗して
レイテ沖海戦で大敗してもまだ、
本土で勝てる

と言ってるのと同じことなんですよ。

2020/9/23

日本人よ騙されるな‼  

政府は新型コロナのワクチンの
早期開発と
国民全員への配布を表明しています。

 現在の拙速なやり方に強い危機感を覚えます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というのも、現在開発中の
全てのワクチンは、
新型コロナの予防効果も
逆に接種が
感染を悪化させたり

健康被害を及ぼしたり
するリスクも、確実な形で
確認されていないからです。

⬛現在日本が在庫を
確保しようとしている英
アストラゼネカによるワクチンは

「自社が行う第3相試験の結果を
■■■■■■■■■■■■■■■■
信用するなら日本で使っていい
■■■■■■■■■■■■■■■■■
」という条件付きのものです。

今年の末には初期段階の
結果が出ますが、
ウイルスに対する抗体が
どのくらいできるかは分かるが、

予防効果や病気を
・・・・・・・・・
悪化させないか否かは分からない
・・・・・・・・・・・・・・・・
。現在世界で五つの開発が、
第3相試験に入っていますが、
どのワクチンも同様の状況です。

 抗体ができることを
確認するだけでは駄目で

それは抗体が
悪影響を及ぼすケースも
□□□□□□□□□□□
コロナウイルスにはあるからです
□□□□□□□□□□□□□□□□□

。以前に流行した
コロナウイルスであるSARS
(重症急性呼吸器症候群)
とMERS(中東呼吸器症候群)のワクチン開発では、

猫を使った動物実験で
ワクチンを打つほど

感染がひどくなるという結果が出ました。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2020/9/12

ワクチンは絶対ではない  

WHOによれば、2020年8月13日現在、
世界で167のワクチン候補が開発中で、
これまでに治験に入ったものが29種類、

★米バイオ医薬ベンチャーのモデルナや
米ファイザー★英アストラゼネカ
など5つが
治験の最終段階(第3相)にあり
⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐

来春の接種開始を
目指すとして
いるものもあります。

先進国だけでなく、
途上国にも供給されないと、
世界全体の収束は望めません。

⬛通常のワクチンもそうですが、
接種したすべての方について

⬛必ず感染を防げる
ということではありません。

過去には、広く流通してみたら
効く割合が治験より
圧倒的に少なかったり、
あるいは想定外の副作用が
出たりといったケースもあります。

⬛すべての疾病に有効な
ワクチンや治療薬が必ず
⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐
開発できるわけでもありません。
⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐⭐

例えば、これまで30年以上を費やしても、
HIVワクチンは、未だ開発されていません。

「ワクチンさえ
開発されれば、すべてが解決する!」
ということではなく、事実を事実として
お伝えすることが、大切だろうと思います。

熱中症と新型コロナ
新型コロナウイルスに一度感染したら、
もう感染しない?
新型コロナパンデミックは、
いつ、なにがどうなったら、
「終わり」になるの?
ワクチンは、いつできるの?

2020/9/2

アメリカのいさぎよい行動  

 【ワシントン時事】ポンペオ米国務長官は1日、
米FOXビジネスのインタビューで、中国政府が

中国語学習や中国文化普及のため
設置した教育機関「孔子学院」について

「年末までに
すべて閉鎖
することを期待する」と語った。
ポンペオ氏は
「誰もが学院内で
スパイや協力者の獲得が
行われていることを
認識するようになっている」
と非難した。

 ⬛米政府は8月、
孔子学院を中国大使館などの
在米公館と同様に
「外交機関」と認定すると発表した。
これで資産取得や活動内容の報告が
義務付けられることになるとみられる

2020/8/5

来年も中止な気がする  

いえね オリンピックのことです

本当なら いまごろ
オリンピックで
東京は しっちゃかめっちゃか
という状態だったはず

でも ウイルス騒動で🦠
日本も終わったが
世界も ダメダメに
なってる。

もう 安心して旅行が
出来ない世の中に
なっちゃったからね。
南無阿弥陀仏う〜
ー。ー

2020/7/18

日本  

令和 れいわ

天皇陛下は お代替わり

雅子皇后は うつ病
治ったのか❓

がんばってるようだが
あなたは 創価学会と
深い繋がりが あるのは
わかっていますよ

でも だれも 追求出来ないしね

これで もう 日本国の
行く末は 見当つきます
中国や朝鮮半島の連中に
日本国が
乗っ取られるでしょうね

小和田雅子 を 皇后に
させた勢力は。。。。。。

ま いまさらねー。ー

2020/6/6

ウイルス継続  

夏です
エアコン 稼働

中国ウイルス🦠のせいで
相変わらず 日本国内は
異常事態ですねー。ー

なぜか中国はアメリカに対して
強気です・・・・・・・・・・

それは 多分
今は 中国の方が
戦略的に 有利なんだろうな

という 想像ができますよね
アメリカ 負けそうなのか
ヤバイよね そうなると

ロシアを必死で
中国から
引き離そうとしてるけど
無理っぽいし

G 7会議も ドイツが
拒否ったので
じゃあ 韓国とロシアを
参加させようって

アメリカ やっぱ 
厳しい状況なのかな
困るなあ\\\٩(๑`^´๑)۶////

中国を ギャフンと
言わせてくださいね〜〜〜



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ