2020/10/20

韓国での被害の話  

2009年10月19日、
インフルエンザワクチンを
接種した65歳の女性が、二日後
、腕と脚の筋力が
低下する症状が発生した。以降、

この女性は、
ミラーフィッシャー症候群の
診断受け、入院治療中、

吸引性肺炎が発生し、
2010年2月に死亡した。

ミラーフィッシャー症候群は、
運動能力を喪失する
稀な末端神経病だ。
この疾患は
原因がはっきりしていない
自己免疫性神経疾患
で知られている。

患者は脳神経の一部に
障害が生じ、眼球の動きを
助ける外眼球筋力が低下し、
物が二重に見えたり、
めまいを訴えていた。

疾病庁は「死亡した女性は、
インフルエンザワクチンを

接種する前、特別な
基礎疾患はなかった」
と説明した。

18日現在の
インフルエンザワクチン接種後、
報告された副作用は、
今年合計353件である。

このうち17歳男子高校生が

死亡した事例が1件



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ