2016/6/3

日本は抗生物質の乱用  

抗生物質は最初は効果があるのですが、
次第に抗生物質に曝露されても
死なない菌が出てきたのです」

耐性菌が体内で増殖すると
肺炎や敗血症を起こしたり、
関節や骨の内部に
腫瘍ができたりする原因になる。

健康な人の場合は免疫力があるので、
そのような菌に接触しても問題にはならない。
だが、手術をした患者や
高齢者にとっては命取りになることも多い。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ